スターバックス、はたらく人のための「夢中になれる」新店舗を東京・銀座にオープン!

FASHION HEADLINE / 2020年7月30日 17時45分

スターバックスは、はたらく人のための“夢中になれる場所”をコンセプトにした店舗「スターバックスコーヒーCIRCLES銀座店」を、7月30日オープンした。

同店舗の2階部分は、特にビジネス利用を意識して手がけられており、ソロワーキングスペース「Think Lab」と、スターバックスそれぞれの持つ特長的なサービスを踏襲し、共に創り上げたユニークな空間に。


予約可能なブース席やミーティングスペースなど、ビジネスユーザーへの快適さを追求した「SMART LOUNGE™」と、アイウエアブランド「ジンズ(JINS)」の集中研究から生まれた究極のソロワーキングスペース「Think Lab」が共存する店舗となっている。


ひとりで集中して考えたり、人とつながりアイデアを共有したりし、創造する───。

オンラインミーティングに快適なブース席や、組み合わせ自由なテーブル席が用意された「SMART LOUNGE™」と有料制のソロワーキングスペース「Think Lab」を店内に取り入れることで、コーヒーを片手に「コワーク(Co-Work)」と「ソロワーク(Solo-Work)」を選択できる、特長ある店舗空間にて、変化するワークスタイルに合わせた新たな“はたらき方”を提案。


1階だけで、クイックにテイクアウト体験。モバイルオーダー&ペイも対応


スターバックスの本格的なドリンクやフードを取りそろえた1階で商品の注文と受け取りが完結でき、クイックなカフェ利用が可能。キャッシュレス支払いにも対応するほか、事前に注文決済できるスターバックスの「モバイルオーダー&ペイ」の受け取り用の専用カウンターも設置されている。デジタルを活用した非接触で、スマートかつ安心な購買体験を提供。


2階フロアは「夢中になれる場所」。集中、そして、創造の空間。

■Co-Work(コワーク)by Starbucks:人とつながり、アイデアを共有し、創り上げる

Point.1 テレビ電話などに適した予約できるブース席


テレビ電話などで人とつながり、意見を交わすことも、オンラインミーティング前の思考整理にもおすすめの予約可能な半個室のブース席は4席。40分単位で予約でき、事前の確保できる。この席の予約は、株式会社バカンと共同開発したサービス(https://keep.vacan.com)から。


Point.2 複数人でのミーティング、商談可能なテーブル席

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング