今年もやってきた新米の季節! AKOMEYA TOKYOで「新米祭り」開催

FASHION HEADLINE / 2020年10月3日 18時0分

今年もやってきた新米の季節! 「一杯の炊きたてのごはんからつながり広がる幸せ」をテーマに、全国から美味しいお米が20種類以上も届きました。


今年のテーマは「お米を極める」です。

「お米を極める」ためにAKOMEYA TOKYOは全国各地の農家と契約を結び、専用の田んぼでお米を作ってもらっています。農薬や化学肥料を使わないお米作りによって「栽培方法」を、品種ごとの特徴を知ることで「味わい」を、そしてその丹精込めて作られたお米を真紅の風呂敷で包み桐箱に詰めることで「贈るお米」をも極めた今年の新米祭り。

お米は「生鮮品」であるがゆえ、精米してから食べるまでの時間が勝負。精米したての新米は、ごはんに対する考え方が大きく変わるほどの美味しさです。AKOMEYA TOKYOでは、お客様の目の前で必要な量のみ精米したり、精米してすぐに真空パックに詰めて販売しています。精米したての“極みの味”を、ぜひお楽しみください。

特設ページ:https://www.akomeya.jp/shop/pg/1shinmaimatsuri2020/

食し方を極める


新米をシンプルに味わうなら「卵かけご飯」で決まり! AKOMEYA TOKYOでは新米をより楽しむために究極の卵かけご飯を味わっていただけるよう、オリジナルの「卵かけご飯のたれ」を販売しています。

新米の美味しさをさらに伸ばしていけるよう、ノドグロとトビウオの煮干しを合わせた甘味のあるタレと職人のあくなき挑戦が生み出した極みの削り節を合わせれば、とっておきの卵かけご飯に感動すること間違いなし!


卵かけご飯のたれ
ごはんに卵をのせて「たれ」をかけるだけ。クセになる秘訣は、日本海で獲れたノドグロとトビウオの煮干しを合わせ、薄口醤油で仕上げること。一口食べると上品な出汁の香りが広がり、卵と混ざり合うことで伝わってくる絶品な調和がたまりません。
550円


鰹節/鶏節
通常の1/4という薄さに削るために費やす時間は、普通の削り節の約10倍! 原材料の品質が良くないとうまく削れないと言います。「鰹節・鶏節」ともに、ほんのりと感じる塩味がどんな料理にも合い、素材の持ち味を引き出します。
500円

最高においしいごはんを極める


美味しいごはんのためにはお米の研ぎ方、炊き方に加えて、炊飯道具やごはん周りのアイテムも欠かせません。テクノロジーの進化により高性能な炊飯器はたくさんありますが、本当に“美味しいごはんを極める”なら、「土鍋」や「おひつ」をオススメします。

意外と簡単に使えて、すごく美味しく炊ける「土鍋」。時間が経っても美味しさそのままの「おひつ」。たった2つのアイテムが、いつものごはんを“極み”のレベルへ導きます。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング