アディダス オリジナルス「SUPERSTAR」50周年キャンペーン、ローラらが多様性を表現

FASHION HEADLINE / 2020年10月22日 16時40分

アディダス オリジナルス(adidas Originals)「SUPERSTAR 2020 ジブンだけの、色でいこう。」キャンペーン

アディダス オリジナルス(adidas Originals)は、今年で50周年を迎える「SUPERSTAR」を祝し、10月12日より「SUPERSTAR 2020 ジブンだけの、色でいこう。」キャンペーンを展開中。


1969年にバスケットボールシューズとして誕生した「SUPERSTAR」。スポーツの垣根を超えてミュージックシーンやストリートシーンなど、あらゆるカルチャーに育てられてきた。

その多様性を伝えるべく、キャンペーンでは、アディダス ブランドアンバサダー・ローラ(ROLA)の他、世界中のタトゥー愛好者から絶大な支持を集めるタトゥーショップ・スリータイズ タトゥー(THREE TIDES TATTOO)アーティスト、アディダス バスケットボール契約選手であるオコエ桃仁花、テーブス海、アディダス スケートボーディングの村岡洋樹、戸枝義明らが登場し、それぞれのスタイルを表現する。

「SUPERSTAR」FU9521(1万2,000円)※3色のシューレース付属
今回登場する「SUPERSTAR」は、アイコンであるシェルトゥに、多様性を表現する3原色と2次色をあしらったアシンメトリーなスリーストライプスをあしらったもの。ベロと側面に配された3Dトレフォイルロゴが印象的なデザインに仕上がっている。


アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア 新宿には、ROLAの巨大ビジュアルが登場。店内では「SUPERSTAR」のビジュアルの他、彼女にインスピレーションを受けたコーディネートが並ぶ。


「SUPERSTAR」FY6733(1万2,000円)
さらに、アディダス オリジナルス フラッグシップ ストア 原宿では、スリータイズ タトゥーとのコラボレーションによってうまれた「風神雷神コレクション」をフィーチャーし、スリータイズ タトゥーの30点以上に及ぶ作品の他、東京・大阪を拠点に活動するタトゥーアーティストによる直筆アートを落とし込んだ「SUPERSTAR」を展示。

https://youtu.be/FArKegKv63E
あらゆる人種やジェンダー、人を差別することなく足元における許容力がある「SUPERSTAR」の魅力を表現すべく、「SUPERSTAR」のあるべき姿を東京のストリートに投影したキャンペーンムービーも公開中だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング