1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. ライフ
  4. ライフ総合

7割がクレジットカード申込審査で不安を感じたことが。落ちた経験のある人は何割?

ファイナンシャルフィールド / 2021年4月28日 3時30分

写真

キャッシュレス・ポイント還元事業やマイナポイントなどの政府の施策や、新型コロナウイルス予防のため現金のやり取りを減らしたいという非接触ニーズの高まりなどから、キャッシュレス化が進んでいます。また、コロナ禍で、ネットショッピングをすることが増えていますが、決済手段としてはクレジットカード決済が最も一般的ではないでしょうか。
 
しかし、そもそもクレジットカードを取得するには、カード会社の審査を通ることが必要です。支払能力があるかどうかが重要視されるため、勤務先や収入、勤続年数のほか、ローンやカードの利用履歴数などがチェックされます。その結果、審査を通過できず、クレジットカードが持てないという人もいます。
 
Office With(大阪府大阪市)は、クレジットカード保有者465名に対し、クレジットカード申込時における審査に感じた不安や、審査に落ちた経験の有無などのアンケート調査を実施しました(※)。早速結果を見ていきましょう。

The post 7割がクレジットカード申込審査で不安を感じたことが。落ちた経験のある人は何割? first appeared on ファイナンシャルフィールド.

7割の人がクレジットカードの審査に通るか不安に感じたことがある。理由は収入が少ないことがダントツ

最初に、クレジットカードの審査に通るか不安に感じたことがあるかどうか聞いたところ、69.2%が「ある」と回答しました。
 
クレジットカードの審査は、各カード会社が基準を設けており、決して審査基準などを公表することはありません。そのため、自分が審査に通るかどうか心配だったという人は多いようです。
 
クレジットカードの審査に通るか不安を感じると回答した322名に、理由を尋ねました。その結果、ダントツで多かったのは「収入が少ない」が191人で、約6割を占めました。ほかには「滞納歴がある」(34名)、「借金がある」(19名)というように、お金に関して後ろめたい覚えがある人が多いようです。
 
また、「勤続年数が短い」(20名)という人も。クレジットカードの審査の際には安定して返済を続けることができる能力が重視されるため、勤続年数の浅い人は、転職を繰り返す人であると判断されてしまい、審査の際に不利になってしまうと考えられます。
 
また、会社員のように毎月の給料を保障されているわけではないので「自営業をしている」(18名)ことも審査に通るための不安材料となるようです。  
 

2割の人がクレジットカードの審査に落ちた経験あり。理由は自分で考えるしかない

実際にクレジットカードの審査に落ちた経験があるか聞いたところ、「ある」と答えた人は23.0%でした。審査に不安を感じていた人は7割だったので、実際は審査を通過する人が多いことがわかります。
 
各カード会社は、審査落ちになった理由は教えてくれません。そこで、審査落ちした経験がある人107人に、考えられる原因は何か聞いたところ、1位は「収入が少ない」(37名)、2位「滞納歴がある」(16名)、3位「借金がある」(12名)、4位「勤続年数が短い」(10名)などが挙がりました。
 
今後キャッシュレス化が進み、またネット通販がさらに普及していくと予想される中では、クレジットカードは持っていた方が便利でしょう。
 
クレジットカードの審査落ちの原因を、カード会社が教えてくれることは一切ないため、審査に落ちたけれど、それでもクレジットカードを持ちたい場合は、審査に落ちた理由を自分で考え、改善していかなければなりません。
 
クレジットカードの審査では信用情報が大切なので、審査に通るためには支払遅延を起こさないことが何といっても大切です。計画的にクレジットカードを利用し、毎回の支払日までには銀行口座に必要な額を入金し、期日までに確実に支払って信頼度を高めていくことが大切でしょうね。
 
[出典]
※Office With「クレジットカードの審査に不安を感じる人は69.2%も! クレカの審査における申込者の不安な理由や審査落ち経験の有無について465名へアンケートを実施」(株式会社 PR TIMES)
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部

The post 7割がクレジットカード申込審査で不安を感じたことが。落ちた経験のある人は何割? first appeared on ファイナンシャルフィールド.

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング