「実家が空き家になってるけど、処分もできない…」 賃貸や売却以外で空き家を活用する方法とは

ファイナンシャルフィールド / 2018年8月26日 10時0分

写真

最近、住宅街を歩いていて感じることは、「空き家」が増えているということ。   荒れた庭に古い家がそのまま、ということが多いのです。更地にしてしまうと固定資産税も高くなってしまうことから、古い家や車をそのまま放置している家もあります。   地主の方に伺うと、土地の値段も高く、相続税も支払えないということから、そのままになっている家が多いのだそうです。   家の持ち主が健康なうちに相続対策をしておけばそのようなことにはならないのですが、突然の病気や認知症など、ご家族も予期せぬ事態で対応ができないままというケースも少なくありません。  

空き家の数は右肩上がり。病院や介護施設などに入り自宅がそのままということも

総務省統計局の「平成25年住宅・土地統計調査(速報集計)結果」では、総住宅数は6063万戸と、5年前と比べて5.3%の増加 。空き家率は13.5%と過去最高に。年々、空き家が増えていることがわかります。
 

空き家の持ち主はご高齢の方も多いことから、病院や介護施設などに入られていて自宅がそのままという方もいらっしゃいます。
そのようなケースで相続の準備がまだできていない、もしくは将来的にまた家を使う予定がある場合は、家の売却をすることができません。
また、賃貸物件として貸してしまうと、すぐに使いたいときに使えないため、そのままにしているという方も多くいらっしゃいます。
 

空き家を活用する新たな方法「時間貸し」。家を手放したり住居にしなくてもOK

賃貸や売却をする以外に、空き家を活用する方法はないのでしょうか?
「ハウスリースバック」や「リバースモーゲージ」など、いくつかの方法を耳にしますが、今回は新たなサービスである「時間貸し」についてお伝えいたします。
「レンタルスペース(時間貸し)は綺麗なビルの1室とかでないと、できないのでは?」と思われる方もいるかと思いますが、今は空き室・空き家を活用してさまざまな用途で利用されているのです。
例えば、以下のような利用目的があります。
<利用目的> マンションの1室の場合
打合せ、会議、英会話や塾の指導、Skype面談、ヨガワークショップ 等
 <利用目的> 一軒家の場合
パーティースペースとしてお誕生日会、父母会の打ち上げ、オフ会 等
空き室や空き家を予約・管理できるプラットフォームとして「SPACEMARKET」や「Spacee」といったサイトが誕生しました。リモートワーク(会社以外でお仕事)をする方が増えていること、また、手軽に会議室等を探せる環境が整ったことから、利用者も増えてきています。
時間貸しですから、家を手放すことも他人に住居として貸すこともありません。あくまで「時間」で貸して、収益を得るサービスなのです。(民泊とは異なり、宿泊施設としては利用できません)
 

「時間貸し」で得た収入は家の補修費や維持費にあてることも可能

「時間貸し」は新しいサービスのため、ご家族が一緒に情報を収集し、空き室・空き家を有効活用してほしいと思います。
中には、不動産の時間貸しについて相談から実際の運用サポートを行ってくれるレンタルスペースコンサルティング企業もあります。
誰も利用していない家は一気に傷んでしまいます。空き家をそのままにすると収益を生まないだけではなく、老朽化が進み建物の倒壊などの危険性が高まり、近隣住民にも迷惑をかけてしまうなど、さまざまな問題を引き起こしてしまいます。
ですが、家の持ち主としては思い入れのある大切な資産です。すぐに売却というのも難しいのが現状でしょう。
「時間貸し」を利用することで空き家を活用し、収益を得ることができます。収益は家の補修費や維持費にあてることもできます。家を守り、活用している間に、今後の家の使い方や相続の仕方などを話し合われるのも良いでしょう。
人口が急激に減る日本。空き家対策や活用法は、今後も増えてくると思います。新たなサービスに注目しながら、空き室・空き家を活用してほしいと思います。
Text:藤井 亜也(ふじい あや)
株式会社COCO PLAN (ココプラン) 代表取締役社長

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング