「忙しくて家事まで手が回らない…」そんなとき検討したい、家事代行の活用方法とは

ファイナンシャルフィールド / 2019年5月2日 9時15分

写真

毎日忙しくて家事にまで手が回らない…。一人暮らし、共働きのご夫婦など、家事に困っている方は多いようです。   そんなときは、家事代行サービスを利用してみませんか?利用の方法次第でそれほどお金もかからず、時間に余裕もできますよ。  

1週間分のお惣菜を作ってもらおう

料理がズボラになりがちな一人暮らし。買ってきたお弁当で済ませたり、自炊しようとしても食材を腐らせてしまったり。
 
そんなときは家事代行サービスを頼み、1週間分のおかずを作ってもらいましょう。週末などおやすみの日に日持ちするもの、冷凍できるものなど、各種作ってもらって保存します。食べるときはレンジでチンするだけ。
 
家事代行サービスのプロなら、一人分1週間のお惣菜を3時間ほどで作ってしまいます。これだけの時間で1週間美味しくてバランスのよい食事が食べられるのは贅沢ですね。
 
嫌いなもの・好きなものなども事前に伝えておけば対応してくれますので、ちょっとした自分専用のシェフ気分も味わえますね。
 

面倒なお掃除をおまかせしてしまおう

共働き夫婦にオススメなのが、お掃除の代行サービス。2人で働いていると、どうしても休日にお掃除をまとめてすることになりがちですが、その時間を自由に使ってみたいと思いませんか?
 
3LDK~4LDKのマンションなら、3時間ほどでおおよその掃除は終わります。一軒家なら4時間程度。庭のお掃除まで入れるともうちょっとかかるかもしれません。
 
また、水周りはプロの手が入ればピカピカに。週1で定期的に、年末の大掃除のときに頼むなど、いろいろなサービス利用の方法が考えられます。
 

毎日使う物のショッピングにも利用しよう

日用品や食料品など、毎日使う物の買い出しにも家事代行サービスはオススメ。週1回、2時間ほどで必要なものが手元に届きます。
 
忙しい人の場合、毎日の買いものには、ネットスーパーなどを使っていることが多いようですが、デメリットは届くまでに2~3日ほどかかるということ。「今朝、ティッシュが残り少ないことに気づいた」という場合、結局近くのお店に行くはめになってしまいます。
 
家事代行サービスならその日の朝に足りないものをチェックできるので、本当に便利です。また、頼んでおけばお野菜、お魚など、新鮮なもの・お得なものなどを選んで買ってくれるのもメリットと言えます。
 

家事代行サービスの上手な利用方法

忙しい人にぴったりの家事代行サービスですが、自宅の中に上がって作業してもらうのですから、あらかじめ知っておきたいこともありますよね。サービスの内容を確認しておきましょう。
 
・信頼できる業者か、どんな会社か
「家政婦紹介相談所」は、厚生労働大臣の許可を得たうえで、家政婦さんを紹介するところです。利用者は、家政婦さんとの間に契約を結びます。一方、「家事代行サービス」の会社の場合、利用者は会社と直接契約を結び、スタッフを派遣してもらう仕組みとなります。
 
どちらの場合も、口コミなどをチェックし、信頼できるところかどうか確認しておきましょう。
 
・お願いしたい内容をはっきりさせておく
3時間だけサービスを頼んで、お掃除も調理も、というのは無理なこと。「今回頼みたい作業は何か」を依頼時にしっかりと告げ、「時間が余ったのなら、他の作業をお願いしてみる」というスタンスでいましょう。
 
・料金を確認する
家事代行サービスは1500~5000円など値段に大きな差がありますので、おおよその値段を把握したうえで依頼、見積もりをお願いしましょう。
 
・お試しサービスを利用してみる
家事がどんなにできる人だったとしても、お互いの相性というものがあります。多くの代行サービスではお試しサービスをやっています。
 
家事代行サービスを利用すれば、家事に使っていた時間で遊びに出かけたり、ゆっくり休んだりできます。週1・数千円で時間を買ったと思って、まずはお試し利用してみてはいかがでしょうか。
 
執筆者:FINANCIAL FIELD編集部
 
関連記事
■実のところどうなのか気になる!「家事代行サービス」ってどれぐらいみんな使ってるの?
■要は活用次第!家族で過ごす時間をお金で買うことができる!?家事代行の今
■夫vs.妻、家事の分担に異議あり?
■【相談実例】「普通の主婦ですが副業したいけどスキルがありません」 いえいえ。家事も十分に副業に生かせます!
■訪問介護における生活援助に回数制限! 10月からの改正点を予習

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング