札幌FW都倉、幼少期に若きカズを直撃 “家宝2ショット”公開「育ちよさそうやろ」

Football ZONE web / 2018年5月17日 18時41分

■「もしJリーグがなかったら…」の企画に反応、撮影後のハプニングも告白

 5月15日にJリーグは25周年を迎えた。そんな節目を迎えたなか、JリーグはSNS上で「もしJリーグがなかったら…」の企画を実施。ファンだけでなく、現役選手も思い思いに綴るなか、J1北海道コンサドーレ札幌のFW都倉賢は、幼少期に憧れのスターだった“カズ”こと元日本代表FW三浦知良(横浜FC)との“家宝2ショット”を投稿している。

 Jリーグは「25年間の物語をみなさんと共に語り合う企画」として、「#もしJリーグがなかったら」のハッシュタグを付けてSNSで投稿しようと呼びかけた。これに乗っかる形でJリーグのクラブやファンが懐かしの写真をアップしている。

 そんななか、札幌のエースFW都倉も反応。「#もしJリーグがなかったら」のハッシュタグを付けつつ、「カズさんとの写真が家宝になる事はなかった」と2ショット写真を投稿。ヴェルディ川崎のシャツを着用した若かりし頃のカズが笑顔で撮影に応じ、その横に立っている白いシャツを着た少年がピースサインを見せている。そのサッカー少年こそ、都倉だったという。

 撮影に成功した都倉少年だったが、その後はハプニングに見舞われていたという。「もっと言えばこの撮影直後緊張し過ぎてお腹を下すことは絶対になかった…」と告白。スターとの2ショットに緊張しすぎたといういかにも微笑ましいエピソードを明かしている。

 元チームメイトからの返信に対して、都倉は「育ちよさそうやろ」とジョークも飛ばしたが、都倉は今でもこの2ショットを家宝として大事にしているようだ。


(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web

トピックスRSS

ランキング