モドリッチがレアルと新契約締結で合意 インテル移籍の可能性は消滅へ

Football ZONE web / 2018年8月11日 5時42分

■スペイン紙報道、ベイルに続く高待遇を獲得し残留確実

 レアル・マドリードのクロアチア代表MFルカ・モドリッチが、クラブと新契約を結ぶことで合意に達したとスペイン紙「マルカ」が報じた。インテル移籍の可能性が浮上していたが、残留は確実となった。

 レアルとの契約を2020年まで結んでいるモドリッチ。移籍の可能性が急浮上したが、クラブは契約内容を見直すことで慰留に動いた。

 新たな契約によって受け取る年俸は大幅にアップするようで、主将のスペイン代表DFセルヒオ・ラモスと同等のサラリーを受け取ることになるという。これはチームトップと言われるウェールズ代表FWギャレス・ベイルに続く高待遇となる。

 ロシア・ワールドカップ(W杯)ではクロアチアの準優勝に貢献したモドリッチ。背番号10を背負う司令塔は、今後も“白い巨人”の一員として戦うことが確実となった。


(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web

トピックスRSS

ランキング