「今やカバーニもいない」 PSG監督、ネイマールに次ぐ得点源の欠場確定に嘆き

Football ZONE web / 2019年2月12日 11時40分

■カバーニがボルドー戦で腰を負傷 強力3トップで残されたのはムバッペのみ

 フランスの強豪パリ・サンジェルマン(PSG)は、現地時間12日のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦、マンチェスター・ユナイテッドとの初戦に得点源2人を欠くことが明らかになった。トーマス・トゥヘル監督の前日記者会見を英公共放送「BBC」が報じている。

 ウルグアイ代表FWエディンソン・カバーニは9日のリーグ・アン第24節ボルドー戦(1-0)の前半42分にゴールしたものの負傷。ハーフタイムで交代していたが、腰の筋肉を痛め、12日に行われるCL決勝トーナメント初戦の欠場が確定したことが明らかにされた。PSGはすでに、ブラジル代表FWネイマールも右足第五中足骨の故障で戦列を離れている。

 トゥヘル監督は「ネイマールは我々のチームでも、欧州を見渡してもベストの1人だ。彼の欠場は非常に残念だが、今やカバーニもいない」と語った。これでPSGが誇る前線トリオで残されたのはフランス代表FWキリアン・ムバッペだけになってしまった。

 一方で、トゥヘル監督はムバッペについて「2人の穴を埋めるのは彼の仕事ではない。3つのことを同時にするのは無理だ。彼は自由にプレーすべきで、正しいサポートがあることを望む。彼は良い精神状態で、前向きにプレーすることが必要だ」と、過剰な役割とプレッシャーが与えられるべきではないと話した。

 トゥヘル監督は初戦について「得点すること。できれば1点かそれ以上」と、アウェーゴール獲得を目標に設定。看板3トップのうち2人を欠くPSGは、オレ・グンナー・スールシャール暫定監督の就任以降に絶好調のユナイテッドを相手に、初戦のアウェーを現実的なスコアで乗り切ることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

Football ZONE web

トピックスRSS

ランキング