「ここには中島がいる!」 殊勲の決勝弾を海外メディア絶賛「新世代が責任を取った」

Football ZONE web / 2019年3月26日 22時30分

■途中出場の中島の決勝弾で日本がボリビアに1-0で勝利

 日本代表は26日、キリンチャレンジカップでボリビア代表と対戦し、1-0で勝利を収めた。途中出場で決勝弾を奪ったMF中島翔哉(アル・ドゥハイル)に、海外メディアも賛辞を送っている。

 22日のコロンビア戦を0-1で落とした日本は、前日会見での森保一監督の宣言通り、先発メンバーが総入れ替えとなった。2列目には左からMF乾貴士(アラベス)、MF香川真司(ベジクタシュ)、MF宇佐美貴史(デュッセルドルフ)が並び、最前線にはFW鎌田大地(シント=トロイデン)が入った。

 試合は序盤から日本がボールを握るが、自陣にブロックを築くボリビアの守備をなかなか崩すことができない。スコアが動くことなく膠着した展開が続くなか、後半17分に中島と堂安、同26分に南野が投入されると、前線が息を吹き返したように流動的となる。

 そして同31分、カウンターの場面で堂安から南野につなぎ、左サイドでパスを受けた中島が中央への切り返しから右足を一閃。鋭いグラウンダーのシュートは相手選手の股下を抜けてネットを揺らした。

 この一撃を受けて、ブラジル放送局「SporTV」は公式ツイッターで「ここには中島がいる! 日本の新世代が責任を取った」と綴り、途中出場ながら決定的な仕事を果たした中島へ惜しみない賛辞を送っていた。ボリビア相手に苦戦を強いられた森保ジャパンだが、コロンビア戦に続き、中島は圧倒的な存在感を放っていた。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング