C・ロナウドは「最強のメンタルの持ち主」 ユーベ監督が語るイブラとの類似点とは?

Football ZONE web / 2019年5月16日 16時10分

■アッレグリ監督は「我々全員がロナウドから学ぶべき」と主張

 ユベントスのマッシミリアーノ・アッレグリ監督は、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドがこれまで出会ったなかで最強のメンタリティーの持ち主だと語っている。スペイン紙「AS」が伝えた。

 バロンドール5回受賞を誇るロナウドは昨夏、レアル・マドリードからイタリア王者ユベントスへ移籍。レアルでUEFAチャンピオンズリーグ(CL)3連覇の偉業を達成したスーパースターは、トリノへと挑戦の場を移し、セリエAで21ゴール、公式戦では28ゴールを挙げてユベントスのリーグ8連覇に大きく貢献した。

 そんなロナウドについて、アッレグリ監督はロナウドの屈強なメンタリティーを絶賛している。

「メンタルの面では、彼は誰よりも強い。自分の中での目標を毎日見つける。34歳にしてすべてを得た選手にとって、ハングリー精神を見つけるのは難しいものだが、彼はものすごくそのセンスがある。彼のこの不退転の精神は素晴らしい。我々全員がロナウドから学ぶべきだし、私もそれを学んだ。なぜなら、世界最高の選手と仕事をする機会は、誰にでも与えられるものではないからね」

 また、アッレグリ監督はACミラン時代に指導した元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(現LAギャラクシー所属)とロナウドの共通点と違いを語っている。


ACミラン時代に指導したFWイブラヒモビッチとの共通点と違いについても言及【写真:Getty Images】

■ロナウドの勝利を楽しむメンタルと周囲に合わせる謙虚さを称賛「素晴らしい」

「例えば、土曜日の朝は、練習でレベル別のゲームをやるんだが、ロナウドは楽しんでいるけど、彼の楽しみとはゲームに勝つことなんだ。イブラについても本で同じように書いたが、みんなが同じように勝つことが楽しみだと思っているわけではないと彼に説明した。バックヒールでのフリックが面白いという選手もいれば、ずる賢い動きを楽しみだという選手もいるとね。

 そして、試合でのこと。ミランではイブラを指導したが、彼は毎日、パスミスについて怒っていた。だから私は彼に、もし全員が彼のように才能があればまったく問題なんて起きないだろうと言った。最も素晴らしく、才能のある選手たちがやってきたように、彼こそが、他の選手が自由に使えるようなポジションに自分で身を置かなければならないと伝えたのさ。なぜなら、他の選手たちがそのレベルに到達するのは難しいので、自分より下の選手たちにとって困難にならないようにする謙虚さを持たなければならないからね。サッカーの世界だけではなく、人間としても同じこと。そういう意味ではロナウドは素晴らしい」

 今季CLではアヤックスに敗れ、準々決勝で姿を消したユベントス。イタリアで2年目を迎えるロナウドは来季、その“最強”の精神力と謙虚さでチームに悲願のCLトロフィーをもたらすことはできるだろうか。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング