日本代表、FW前田大然が前日練習で別メニュー 股関節の違和感でウルグアイ戦欠場か

Football ZONE web / 2019年6月20日 7時14分

■同じくチリ戦で負傷した原は練習に参加 前田はウルグアイ戦の欠場が濃厚か

 森保一監督率いる日本代表は現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦ウルグアイ戦(アレーナ・ド・グレミオ/現地20時・日本時間21日8時)に向けて、19日に開催地のポルトアレグレで前日トレーニングを行った。

 17日の初戦チリ戦(0-4)で負傷し、病院で検査を受けるため18日のトレーニングを欠席したFW前田大然(松本山雅FC)とDF原輝綺(サガン鳥栖)は19日の前日トレーニングの開始前に姿を現した。しかし、前田はチームの練習開始とともにグラウンドを後にし、別メニュー調整となった。一方の原は、公開された15分では他のメンバーに交じり、ストレッチやパス回しのメニューを消化していた。

 協会広報によると、前田は股関節の違和感を抱えているという。練習場に姿を現し、笑顔を見せていただけに、状態は重くないようだが、スピードを武器とする選手だけに股関節の負傷はプレーへの影響は大きいと予想される。20日のグループリーグ第2戦ウルグアイ戦は欠場の可能性が高そうだ。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング