DF冨安健洋、世界8位ウルグアイ戦に闘志「ビビッてやっても、勝てるものも勝てない」

Football ZONE web / 2019年6月20日 5時3分

■カバーニやスアレスら世界的ストライカーを擁するFWを抑え込めるか

 森保一監督率いる日本代表は、現地時間20日のコパ・アメリカ(南米選手権)グループリーグ第2戦でFIFAランキング8位のウルグアイ代表と対戦する(アレーナ・ド・グレミオ/現地20時・日本時間21日8時)。指揮官とともに前日会見に出席したDF冨安健洋(シント=トロイデン)は「ビビッてやっても、勝てるものも勝てない」と意気込んでいる。

 第1戦では大会2連覇中の南米王者チリと対戦。GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF原輝綺(サガン鳥栖)と杉岡大暉(湘南ベルマーレ)、MF中山雄太(PECズヴォレ)、FW前田大然(松本山雅FC)と上田綺世(法政大)の6人がA代表デビューを飾った。序盤は互角の攻防を繰り広げるも前半終了間際に失点すると、後半にも3失点して0-4で敗れた。

 初戦でエクアドルと対戦したウルグアイは、FWエディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン)やFWルイス・スアレス(バルセロナ)らのゴールで4-0と快勝。強敵との一戦を前にした冨安は、「良いストライカーがいる」と警戒を強めつつ、「それにビビッてやっていても、勝てるものも勝てない」と意気込みを語っている。

「映像を見ましたけど、シンプルにカバーニ選手やスアレス選手を中心に攻めてくる。その2人にボックス内でボールが渡ると難しくなる。いかにボックス内に入れず守備できるか。できるだけ高い位置でプレーしたい。コンパクトに守備することが重要なポイントになる」

 冨安らを中心に世界的なストライカーたちを抑え込み、勝利を手にすることができるだろうか。(Football ZONE web編集部・大木 勇 / Isamu Oki)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング