名将コンテ、“愛弟子”のスペイン代表FW獲得を熱望 5クラブの争奪戦もインテル優勢か

Football ZONE web / 2019年8月20日 22時30分

■ローマFWジェコ獲得に失敗したなか、ユーベ時代に重用したジョレンテに“本気モード”

 イタリア・セリエAの強豪インテルはアントニオ・コンテ新監督を迎えた新シーズンに、FWをもう1枚獲得した意向のようだ。イタリアのサッカー専門サイト「トゥットメルカートウェブ・コム」は、イタリア人指揮官がかつて指導した選手にオファーを投じていると報じている。

 インテルの獲得リスト対象が、トットナムのFWフェルナンド・ジョレンテだ。スペイン代表のストライカーには現在、ナポリ、ラツィオ、フィオレンティーナといったセリエAのクラブに加え、ブンデスリーガのドルトムントも獲得に動くなど、争奪戦の様相を呈している。

 コンテ監督にとって、ジョレンテはユベントス時代に重用した前線のマルチプレーヤー。昨季シーズン中にユベントスからやってきたジュゼッペ・マロッタCEOも、当時の良い関係をジョレンテと続けていることから、記事では条件面さえ整えば獲得に対してアドバンテージがあると予想している。

 インテルはASローマのボスニア・ヘルツェゴビナ代表FWエディン・ジェコ獲得に失敗。コンテ監督はベルギー代表FWロメル・ルカクに加えて、もう1人のアタッカー補強を求めており、インテルの“本気度”も高いと見られる。

 イタリアの移籍市場最終日は23日だが、インテルは新シーズンに向けたラストピースを手に入れることができるだろうか。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング