プレミア史に残る名GKチェフが“氷上”へ アイスホッケー選手に華麗な転身

Football ZONE web / 2019年10月10日 16時10分

■昨季限りで現役引退の名守護神 英アイスホッケーチームへの加入を発表

 元チェコ代表GKペトル・チェフ氏がイギリスのアイスホッケーチーム、ギルフォード・フェニックスへの加入が決定し、今週末にもデビューを果たすことになった。英公共放送「BBC」などが一斉に報じている。

 現役時代にチェルシーとアーセナルというロンドンの2大クラブでプレーしたチェフ氏。チェルシーではUEFAチャンピオンズリーグとUEFAヨーロッパリーグをそれぞれ1度、プレミアリーグとFAカップを4度ずつ制した。アーセナルでも2017年にFAカップ優勝を経験するなど、世界屈指のGKとして活躍。昨季限りで現役を引退していた。

 引退後はチェルシーのテクニカル&パフォーマンスアドバイザーに就任していたチェフ。今後はチェルシーのフロントスタッフを兼任しながら、ホッケーの練習を続けていくという。

 チェフ氏は2017年に設立されたギルフォード・フェニックスの第3キーパー(ゴールテンダー)としてチームに加入する。今週末に行われるスウィンドン・ワイルドキャッツ戦でデビューを果たす可能性があるという。そして、チェコ代表のレジェンドは新天地の公式サイトを通じ、「この若いチームが目標達成をするための助けになれるよう願っている」と加入への意気込みを語っている。

「プロのフットボールの世界に20年いた。子どもの頃から見るのが大好きだったホッケーをプレーすることは、私にとって素晴らしい経験になるだろう」

 舞台を芝生から氷上へと変え、新たなチャレンジを始めたチェフ氏。偉大なGKの華麗な転身に注目だ。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング