クロップ監督、相手選手の退場喜ぶリバプール控えを“一喝” 「お前たちはおかしいのか?」

Football ZONE web / 2020年9月21日 22時20分

■チェルシー戦で相手DFクリステンセンがマネを倒して一発退場

 プレミアリーグ王者リバプールは現地時間20日、プレミアリーグ第2節チェルシー戦で2-0の勝利を収めた。チームを率いるユルゲン・クロップ監督はチェルシーのデンマーク代表DFアンドレアス・クリステンセンが退場したシーンで、ベンチで喜びを露わにした選手やスタッフを一喝していたと英紙「デイリー・ミラー」が報じている。

 リーグ連覇を狙うリバプールと、今夏に約2億ポンド(約270億円)超えの大型補強を敢行した昨季4位のチェルシーによるビッグゲームはチェルシーの本拠地スタンフォード・ブリッジで行われた。

 試合開始から一進一退の攻防が続いていた中で、前半終了間際に試合の行方を大きく左右する出来事が起きた。最終ラインからのロングボールにリバプールのセネガル代表FWサディオ・マネが抜け出すと、それをチェルシーのDFクリステンセンが背後から体に手をかけて押し倒した。主審はファールと判定し、初めはイエローカードを提示したが、VARのチェックにより決定阻止のレッドカードに変更された。

 記事によれば、数的有利という大きなアドバンテージを得たこの瞬間、リバプールの控え選手やスタッフがスタンドで拍手をして喜びを露わにしていたという。しかし、それを聞いたクロップ監督はタッチライン際からスタンドの方を振り返り、選手たちを一喝したという。

 フランス人サッカージャーナリストのジュリアン・ローレンス氏によれば、クロップ監督は「お前たちはおかしいのか? 我々はそんなことは絶対にしない。いいな?」と叫んで叱責していたという。リアクションをした選手やスタッフが誰かは明らかになっていないが、相手チームの選手が退場したことを喜ぶような振る舞いを指揮官は許さなかったようだ。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング