久保建英、ELカラバフ戦に先発出場か スペイン紙が左ウイング起用を予想

Football ZONE web / 2020年10月29日 22時20分

■ビジャレアルがEL第2節でカラバフFKと対戦

 ビジャレアルは現地時間29日、UEFAヨーロッパリーグ(EL)グループステージ第2節でカラバフFKとの対戦を控えている。スペインメディアは日本代表MF久保建英の先発を予想しており、左ウイングでの起用になると指摘している。

 久保は22日に行われたEL初戦のスィヴァススポル戦で1ゴール2アシストの活躍を披露し、5-3の勝利に大きく貢献した。一方、第2節はアウェー戦になるが、カラバフの本拠地であるアゼルバイジャンがアルメニアと紛争中のため、急きょ中立地としてトルコのイスタンブールでの開催が決定している。

 スペイン紙「ムンド・デポルティーボ」は、「ウナイ・エメリのチームは今季の良いスタートを維持するべく、次の試合でローテーションを導入することになるだろう。彼はルジ、フォイス、久保、チュクウェゼ、バッカ、もしくはルベン・ペニャなどを起用する可能性が高い」と指摘している。

 また、スペイン紙「AS」は「エメリはメンバーを半分以上変更する」と取り上げ、「バッカを最前線に置き、チュクウェゼと久保を再び配置する」と、久保を左ウイングとして起用することを予想していた。25日に行われたリーガ・エスパニョーラ第7節カディス戦(0-0)では、今季のリーグ戦で初先発を飾ったがインパクトを残せなかっただけに、欧州の舞台で再び存在感を発揮したいところだ。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング