「日本メディアはご満悦」 久保建英、2得点関与の“上々”ヘタフェデビューに韓国紙言及

Football ZONE web / 2021年1月13日 17時30分

■スペイン紙で「これ以上のデビューは不可能」と報じられるなど高い評価を受ける

 スペイン1部ヘタフェに期限付き移籍した日本代表MF久保建英は、現地時間11日に行われたリーガ・エスパニョーラ第18節エルチェ戦(3-1)で新天地デビューを飾り、途中出場で2ゴールに絡む活躍を見せた。スペイン大手紙も及第点以上の評価を与えていたが、韓国メディアは「久保の活躍に日本メディアご満悦」と報じている。

 久保は昨夏にレアル・マドリードからビジャレアルに期限付き移籍したが、ウナイ・エメリ監督の下で思うように出場機会を得ることができず、今月8日にレンタル打ち切りと同時に、ヘタフェへの期限付き移籍が決定した。

 一度もトレーニングができないまま今節の遠征に帯同していたなか、1-1で迎えた後半19分にぶっつけ本番でデビューの瞬間が訪れた。

 右サイドに配置されると同24分、果敢なドリブルからペナルティーエリアに侵入し、シュートコースを見出して左足を振り抜く。強烈なシュートは相手GKに弾かれたものの、FWハイメ・マタが押し込んで勝ち越しゴールを奪った。さらに同39分、久保が右サイドで仕掛けてゴール前にクロスを供給すると、走り込んだFWアンヘル・ロドリゲスが倒されてPKを獲得。これをアンヘルが自ら決めて3-1と勝負を決めた。

 スペイン紙「AS」が「This is Kubo!(これぞクボ!) 二つの電撃プレーでヘタフェを勝利に導いた」と報じれば、スペイン紙「マルカ」も「これ以上のデビューは不可能だった」と高く評価している。

 日本メディアもこれらの報道を伝えていたなか、韓国紙「韓国日報」は「デビュー戦で2ゴールに貢献:久保の活躍に日本メディアご満悦」との見出しで、「久保建英のヘタフェデビューの活躍に日本メディアは歓喜」と触れた。

 ビジャレアルでは厳しい立場に立たされた久保だが、デビュー戦での勢いに乗り、新天地でホセ・ボルダラス監督の信頼を勝ち取れるだろうか。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング