1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

日本は「戸惑いを隠せない」 過酷すぎる抽選結果に韓国反応「最悪の組み合わせ」

Football ZONE web / 2021年4月22日 17時20分

■日本は東京五輪本大会グループAでメキシコ、南アフリカ、フランスと対戦

 東京五輪男子サッカーの組み合わせ抽選会が21日にスイス・チューリヒにあるFIFA(国際サッカー連盟)本部で行われ、日本はメキシコ、南アフリカ、フランスと同じグループAに入った。強豪国が属する厳しいグループとなったことを受け、韓国メディアは「日本は戸惑いを隠せずにいる」と伝えている。

 16チームが出場する男子サッカーは、過去5大会の成績を基にポット1からポット4までに振り分けられて抽選会を実施。開催国の日本はグループAに入り、ポット2からメキシコ、ポット3から南アフリカ、ポット4からフランスが同居することになった。

 一方、同じポット1に入っていた韓国はグループBとなり、ポット2のホンジュラス、ポット3のニュージーランド、ポット4のルーマニアと同居。同大陸連盟のチームが同組にならないように抽選が進められたなか、日本に比べて比較的楽な相手を引き当てた。

 この結果を受けて、韓国紙「京郷新聞」は「“死の組”に泣き顔の日本」と見出しを打ち、母国との組分けの“差”について言及している。

「日本は東京オリンピックの組み合わせ抽選で、“最悪の組み合わせ”を受けて泣き顔となっている。日本はメキシコ、南アフリカ、フランスと同じグループA。キム・ハクボム監督が率いる韓国がホンジュラス、ニュージーランド、ルーマニアと比較的楽な相手と対戦するのとは対照的に、“死の組”に編成された日本は戸惑いを隠せずにいる」

 ホスト国として東京五輪での躍進が期待される日本は、“死の組”を勝ち抜きたいところだ。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング