1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. サッカー

「冷たいシャワーを浴びせた」 岩渕真奈、30m超爆走の同点弾に対戦国メディアも感嘆

Football ZONE web / 2021年7月21日 23時21分

■2大会連続で五輪銅メダルの強豪カナダ相手に、勝ち点1をもたらす一撃に注目

 なでしこジャパン(日本女子代表)のFW岩渕真奈は、21日に行われた東京五輪のグループリーグ初戦カナダ戦(1-1)で値千金の同点ゴールを決め、チームに勝ち点1をもたらした。カナダメディアも「冷たいシャワーを浴びせた」と母国チームの勢いを止める一撃だったと伝えている。

 日本は立ち上がり、FIFAランク8位の強豪カナダに押し込まれた。前半6分、右サイドから入ったマイナスのクロスにFWクリスティン・シンクレアに合わせられると、シュートがゴールポストに当たったこぼれ球を再びシンクレアに押し込まれて先制を許した。

 後半序盤、日本は左サイドからMF長谷川唯が最終ラインとGKの間に入れたボールに途中出場のFW田中美南が飛び込んだ。そこでGKと交錯すると一度は田中のファウルと判定されたが、VAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の進言で映像確認されて日本のPKに判定が代わった。しかし、GKの治療にやや時間を要したあとのPKで田中はゴール左を狙ったシュートを放ったが、コースを読まれてセーブされてしまった。

 日本は後半17分に塩越柚歩に代えて左利きでスピードが武器のMF遠藤純を投入。日本はスピードある選手に背後を狙わせる攻撃を繰り返すと同39分、センターサークル付近からロングボールに抜け出した“10番”の岩渕がペナルティーエリア外からGKの動きをよく見たシュートを決めて1-1の同点に追いついて引き分けに持ち込んだ。

 カナダの公共放送局「Radio-Canada」は、試合レポートで「冷たいシャワーを浴びせた」と小見出しを打ち、「2012年にロンドン、2016年にリオで銅メダルを獲得したカナダ女子代表は、表彰台のトップに立つという確固たる意志を持って日本に到着した。そのなかで、このドロー決着は彼女たちを少しトーンダウンさせることになるだろう」と30メートル以上を爆走した岩渕の一撃によるダメージを伝えていた。(Football ZONE web編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング