カジュアルにもモードにも決まるラフミディで垢抜け顔に。from ローブ アオヤマ【ヘアレシピ ストーリーズ】

fudge.jp / 2019年3月24日 17時0分

写真

ファッション誌『FUDGE(ファッジ)』のオフィシャルサイト。ファッションやビューティー情報をウェブ限定で特集するオリジナルコンテンツ《FUDGE tab.》や《FORTUNE》、《WORLD SNAP》、他にもコラムやプレゼント企画やデイリーに更新されるコンテンツがなども盛りだくさん。

 

⼈気サロン《LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)》のスタイリスト佐脇正徳さんは、柔らかい動きのあるヘアデザインが得意。この春にオススメのスタイルとして提案してくれたのは、どんなテイストにも似合わせやすいAラインのミディアムボブ。ドライに散らせばカジュアルに、ウェットな質感でツヤを纏えばモードにも決まる。空気をはらんだようなフォルムの広がりから、毛先のラフなハネやカールがアクセント。スタイルのつくり⽅とスタイリングテクを教えてもらいました。

 

▼動画をチェック

 

 

肩肘はらないこなれ感が魅力のミディアムボブ

Designed by 佐脇正徳(LOAVE AOYAMA)

 

ベースはあご下5㎝に設定したミディアムボブ。スライドカットで内側を削って質感調整をし、表面はツヤを残す。前髪は眉上で毛先をブラントにし、束感を出しやすくカット。髪へのダメージが少ないコスメパーマを使用し、表面はスパイラル巻きで根元まで巻き込んでかけ、それ以外は内巻きと逆巻きをMIXしてランダムなカールをメイク。甘くなりすぎないように、カラーは6トーンのダークアッシュで大人カジュアルな印象に仕上げている。

 

 

 

♦STYLING PROCESS♦

STEP1. 全体をラフにドライする。

根元中心にラフに乾かす。Aラインに仕上げたいので、根元から中間は手グシで髪を伸ばすようにしてドライし、毛先は揉み込むようにしてボリュームを出すとグッド。

 

STEP2. 毛先中心にヘアオイルを揉み込む。

「エヌドット」のポリッシュオイルを毛先中心に揉み込むようにつけて、束感と動きを強調。ボトムにボリュームを出すことで、裾広がりのAラインフォルムに仕上げる。

 

STEP3. 前髪にもヘアオイルをなじませる。

最後に手に余ったヘアオイルを前髪にもなじませる。指でつまむようにして束感を出し、バランスよくおでこに隙間をつくって抜け感を演出して。

 

 

【SALONDATA】

《LOAVE AOYAMA(ローブ アオヤマ)》

 

address:東京都渋⾕区神宮前5-45-8-3F

tel:03-6427-7340

open:平⽇ 11:00〜20:30(火曜定休日を除く)

⼟⽇祝 10:00〜19:30

毎月第2⽕曜 10:00~15:00(お子様連れの方を対象とした営業)

https://loave-hair.com/

https://www.instagram.com/loave__official/

 

 

text:Eriko Suzuki

movie:Yuta Sekiyama

 

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング