オンからオフまで、春トレンチさえあれば!《A.P.C.》のトレンチコートで添える、フレンチエッセンス

fudge.jp / 2019年3月24日 13時0分

写真

“日野ボブ”のハッシュタグで、インスタでも大人気の『Bella Dolce』日野達也さん。癒し系スマ...

 

コンパクトなサイジングがハンサム過ぎず、フェミニン。タイムレスに着続けたい《A.P.C.》のトレンチコート。

 

新年度が始まる4月は新社会人をはじめ、転職組や部署が異動する人など、たくさんの人が新しいスタートをきるタイミング。自分ではなくても子どもが入園・入学式を迎えたり、会社の式典があったりと4月に向けてフォーマルな服を準備する人も多いのではないでしょうか。

そうしたシチュエーションで求められるのはスーツやワンピースでも、王道のきちんとしたスタイル。合わせるコートもマッチしたものを選びたいですよね。そんな時に重宝するのが“トレンチコート”。ベーシックなスタイルはタイムレスに長く着れるものだから、とっておきの一枚を選んで。

 

『A.P.C.(アー・ペー・セー)』のトレンチでパリジェンヌのように

 

トレンチコートといえば、フレンチガールのシンボル。日常になじみながらエレガンスもキープし、さらりと羽織いパリの街を歩く姿は憧れるものです。フレンチシックを代表する『A.P.C.(アー・ペー・セー)』のトレンチコートはパリジェンヌから長く愛されているアイテムのひとつで、コンパクトなサイジングがハンサム過ぎず、フェミニンに着ることができます。

生地には上質なコンパクト糸を高密度に織り上げたコンパクトギャバを使用し、コシがありつつ滑らかな素材感と光沢感が上品さを演出。着丈は膝にかかるくらいで、すっきりとしたストレートシルエットがパンツにもスカートにもフィットします。

ベルトのバックルもベージュにすることで一体感が出るとともに、コンサバ感が薄まってどこかリラクシングに。こんなところにもキメすぎず、あえてハズすフランス人らしいエッセンスが光ります。

 

カジュアルな装いのアウターにも

 

オフの日は、パーカやスニーカーを合わせたきれいめカジュアルスタイルでフレンチガールを気取って。スーツからデニムスタイルまで、毎日のコーデに寄り添う春トレンチを取り入れてみてください。

 

トレンチコート¥58,320/A.P.C.(アー・ペー・セー カスタマーサービス)

 

 

アー・ペー・セー カスタマーサービス

03-3710-7033

http://www.apcjp.com/jpn/

 

 

photograph:kimyongduck

styling:Rina Taruyama

text:Momoko Yokomizo

 

 

「PeLuLu」の人気企画「名品図鑑」より

 

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング