シャツワンピコーデを格上げするテクニック4選

fudge.jp / 2020年9月16日 22時30分

写真

name  unknownパリの東を流れるサンマルタン運河。時間がゆったりと感じられるこの運河に架か...

1枚でコーデが完成するシャツワンピース。だからこそ、ワンランク上の着こなしに仕上げたい。シャツワンピコーデをグッと洗練したスタイルにしてくれるテクニックを4つご紹介。

※定番商品以外は売切れの場合がございます。スタイルサンプルとして参考に!

 

シャツワンピコーデを格上げするテクニック4つ

1. シンプル&シックなレイヤードでエレガントなパリジェンヌに

ブルー×ホワイトのピンストライプ柄ワンピースを主役に、パリジェンヌをお手本にしたフレンチな着こなしに昇華。フロントボタンを閉めて涼しげに一枚でふわっと着ながらブラックのサブリナパンツを重ねて引き締めるのが成功の秘訣。ベレー帽やスカーフ、バレエシューズやレザーハンドバッグに至るまで上質な小物選びは抜かりなく。

シャツワンピース¥52000 / TOUJOURS(トゥジュー代官山ストア)、パンツ¥48000 /colenimo(マッハ55リミテッド)、スカーフ¥18000/A Piece of Chic、シューズ¥18000 / Catworth(ともにグラストンベリーショールーム)、ベレー帽¥5200 / CA4LA(CA4LA ショールーム)、バッグ¥67000 / Repetto(ルック ブティック事業部)、時計¥8300 / TIMEX(ビームス ボーイ 原宿)、その他 スタイリスト私物

 

2. クラシカルなスカートレイヤードはシルエットのコントラストで叶える

フロントボタンのシャツワンピースの下にスカートをレイヤードする上級者テクニックで、レディ度を一気に加速させよう。トップスはボタンを閉めてタイトに、ボトムスはフロントボタンを開けながらボリューミーなロングスカートを重ねてオン。シルエットにコントラストをつけるのが野暮ったくならずに成功へ導く方程式。

シャツワンピース¥26000 /MACKINTOSH PHILOSOPHY(SANYO SHOKAI)、スカート¥15800 / GRAMICCI ×BEAMS BOY(ビームス ボーイ 原宿)、スカーフ¥18000/A Piece of Chic(グラストンベリーショールーム)、メガネ¥31000 / illesteva(オプティカルテーラークレイドル 青山店)、トートバッグ¥9000/A.P.C(.アー・ペー・セー カスタマーサービス)、シューズ¥36000/REGA(Lリーガル コーポレーションお客様相談窓口)、その他 スタイリスト私物

 

3. 大人リラックスなバンドカラーはワークな要素でアップデート

ハリのある生地や深めのサイドスリット、落ち着いたカラーリングなど、大人ムード全開のシャツワンピースは思い切ってベルトでウエストマークするアレンジを加えてみたい。さらに裾から見えるミリタリーパンツのレイヤードがアクセントとなり、レディとボーイが引き立て合う、今っぽい絶妙なバランスにブラッシュアップできる。

シャツワンピース¥47000 / Scye( マスターピースショールーム)、パンツ¥19000 / Nigel Cabourn(アウターリミッツ)、メガネ¥28000 / illesteva(オプティカルテーラークレイドル 青山店)、ベルト¥13000、サンダル¥29000 /ともにMHL(アングローバル)、その他 スタイリスト私物

 

4. ヴィヴィッドなブルーカラーを主役に夏のマリンなお嬢様

鮮やかな発色が存在感を放つリネン素材のブルーワンピースは、夏に欠かせないマリンな着こなしに昇華して。ボーダートップスやデニムパンツなどの日常着にシャツワンピースを投入するだけでフレンチマリンなお嬢様ルックに鮮度アップ。ストラップパンプスやかごバッグ、頭に巻いたスカーフなどのレディな小物使いもポイント。

シャツワンピース¥28000 / Honnete、頭に巻いたスカーフ¥18000 / A Piece of Chic、シューズ¥18000 /Catworth(以上すべてグラストンベリーショールーム)、ボーダーコットンニット¥28000 /ANDERSEN-ANDERSEN(メイデン・カンパニー)、デニムパンツ¥17000 / YAECA(ヤエカ アパートメント ストア)、かごバッグ¥65000 /eb.a.gos(エバゴス)、その他 スタイリスト私物

 

 

photograph_Sannomiya Motofumi
styling_Tamura Kazuyuki
hair & make-up_Suga Takuma
model_Stacy
edit_Ema Mariko

 

FUDGE vol.193 2019年7月号より

 

 

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング