1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. スポーツ
  4. メジャーリーグ

【MLB】大谷翔平への死球は故意? ファンの意見も真っ二つ「明らかだ」「わざとじゃない」

Full-Count / 2021年9月17日 20時0分

エンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

■両軍監督は「故意か否か」で真っ向から対立

■エンゼルス 9ー3 Wソックス(日本時間17日・シカゴ) 

 エンゼルスの大谷翔平投手が16日(日本時間17日)のホワイトソックス戦で受けた死球は、グラウンドの内外を巻き込む騒動になっている。両軍監督が「故意なのか否か」で真っ向から意見が対立。さらにファンの声も「これは明らかだ」「わざとじゃない」と真っ二つだ。

 この試合の9回2死、ホワイトソックスのライトJr.は1ストライクから大谷の足元への投球が続き、4球目に大谷の右ふくらはぎに当てる死球を与えた。審判はこれを報復のための故意と認め、投手に即退場を命じた。さらに猛抗議したホワイトソックスのラルーサ監督も退場。14日(同15日)のカード初戦で、エンゼルス投手陣がロベルトやアブレイユといった相手の中心打者に死球を出したのが伏線にあるとみられる。 

 米スポーツ専門局「FOXスポーツ」のツイッターがこの場面の動画をアップすると、ファンからは様々な立場のコメントが殺到。「故意なの? ライトは全くボールをコントロールできていないように見える」「この判定に賛成だ。故意じゃなかったとしても、3つも本当に酷い球を投げたらそう取られるよ」「この投手はわざとショウヘイに当てようとしたわけじゃない」と、故意かどうかを推測する言葉が続いた。

 また「よくもこんなことを」「マイク・ライトJr.が誰か知らないが、彼はたった今みんなの嫌われ者になった」と、全米で人気の大谷があわや負傷、という事態を招いた投手を非難する声も多かった。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング