【MLB】大谷、3勝目逃すも163キロ連発に米記者驚嘆「何回投げた?」「彼は非現実的」

Full-Count / 2018年4月25日 14時5分

アストロズ打線相手に6回途中4失点と粘投したエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

■大谷翔平、6回途中4失点&降板後に3勝目消滅

 エンゼルスの二刀流右腕・大谷翔平が24日(日本時間25日)の敵地アストロズ戦でメジャー4度目の先発マウンドに上がったが、3勝目はならなかった。1点リードの6回1死一塁の場面で降板したが、直後に左腕アルバレスが逆転2ランを被弾。大谷の勝ち星が消えた。それでもエンゼルスは8-7と再逆転に成功し、2連勝。ア・リーグ西地区首位に再浮上した。この一戦で大谷が見せた自己メジャー最速のボールに驚きの声が上がっている。

 前回登板は右手中指のマメの影響で2回3失点で降板していた大谷。この日は2回2死走者なしから二塁打と四球でピンチを招くと、ゴンザレスのタイムリーで1失点。さらに3点リードの5回には先頭のゴンザレスへの四球の後、フィッシャーにバックスクリーンに2ランを運ばれ、1点差とされた。その後、1点リードの6回1死一塁で降板したが、直後にアルバレスが2ランを被弾して3勝目が消えた。

 この日は5回1/3でメジャー自己最多の98球を投げ、6安打4失点。2年連続首位打者で昨季MVPのアルトゥーベから2三振を奪うなど計7奪三振も、自己ワーストの5四球を出すなど苦しむ場面も目立った。しかし力のこもった投球を見せるシーンもあり、球速も160キロ超を連発。5回2死のレディックの打席ではメジャー自己最速の101マイル(約163キロ)も2度、計測した。

 この剛速球は現地の記者も速報。MLB公式サイトのデビッド・アドラー記者は自身のツイッターで「スタットキャストによると、ショウヘイ・オオタニは5回にジョシュ・レディックから2回、101マイルの直球を記録した。100.6マイルの直球でレディックから三振を奪った後の打席のことである」とレポートし、「(先発投手が)1試合で101マイルを1回以上記録したのは2016年7月のノア・シンダーガード以来となっている」とデータを紹介した。

 また地元紙「オレンジ・カウンティ・レジスター」のエンゼルス番を務めるジェフ・フレッチャー記者は試合途中に「この男が今日の試合で投げた84球のうち、101マイルを何回投げたのだろうか?」と感嘆し、「ショウヘイ・オオタニは、シーズンMVP(アルトゥーべ)から三振を奪い、サイ・ヤング賞投手(クルーバー)から本塁打を放った。ともに容易なことではない」とレポートした。

 また地元スポーツ番組「ニュース4タクソン」のアリ・アレクサンダー記者は「ショウヘイ・オオタニは101マイルを投げ、本塁打も打つ。彼は非現実的だ」と驚嘆した様子でツイートしている。

 大谷は3勝目を逃したが、先発投手で今季最速を計時するなど、そのポテンシャルの高さを改めて見せつけた登板となった。(Full-Count編集部)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング