日ハム栗山監督「どうしても勝ちたかった試合」 地震後初の本拠地開催で勝利

Full-Count / 2018年9月14日 22時15分

■オリックスに逆転勝ち「選手たちに何とかするんだという気持ちがあった」

■日本ハム 4-3 オリックス(14日・札幌ドーム)

 日本ハムは14日、オリックスに4-3で逆転勝ちした。北海道胆振東部地震後初の本拠地開催を白星で飾った栗山英樹監督は「久々に本当に負けたらどうしようと思った。どうしても勝ちたかった試合」とホッと息をついた。

 3回まで無安打が続いた打線は、4回に集中力を発揮した。1死から近藤が中前にチーム初安打を放つと、中田がバットを折りながらも力強く振り抜く。打球は遊撃へのボテボテの当たり。これが野選を誘って、一、二塁と好機を広げた。さらにレアードの四球で満塁。ここで清宮が押し出し四球を選んで同点に追いついた。続く鶴岡が詰まりながら中前へ運び、勝ち越し。5回には大田、6回には再び鶴岡の適時打で突き放した。

「選手たちに何とかするんだという気持ちがあったので、余計に勝たせてあげたかった。若い選手たちがそういう気持ちを持って前に進むことがうれしい」と目を細めた指揮官。リードを奪うと、先発のロドリゲスから7回浦野、8回宮西、9回石川直とつなぎ、最終回1点差に追い上げられながらも逃げ切った。(石川加奈子 / Kanako Ishikawa)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング