【日米野球】侍Jが積極的攻撃ですぐさま同点 甲斐、田中広の連打で攻撃の起点作る

Full-Count / 2018年11月9日 19時39分

侍ジャパン・甲斐拓也【写真:Getty Images】

■3回表にロサリオのソロ弾で1点先制許す

■侍ジャパン – MLBオールスター(9日・東京ドーム)

 野球日本代表「侍ジャパン」とMLBオールスターチームが対戦する「2018日米野球」は9日、東京ドームで第1戦が行われ、3回に1点先制を許した侍ジャパンが、その裏の攻撃で同点に追いついた。

 3回表にロサリオのソロ弾で1点を先制されたが、直後に稲葉篤紀監督が動いた。

 その裏の攻撃で、先頭の甲斐が左前打で出塁すると、続く田中広の打席でエンドラン。田中広の打球は左翼手手前に落ちる二塁打となり、一気に無死二、三塁の絶好機を作った。山田は三ゴロに倒れたが、菊池の遊ゴロの間に甲斐が生還し、同点に追いついた。(Full-Count編集部)

Full-Count

トピックスRSS

ランキング