日本ハム、清水がヘルニア手術と発表 試合復帰まで3か月、開幕は絶望的

Full-Count / 2019年1月23日 20時45分

日本ハム・清水優心【写真:石川加奈子】

■昨季86試合に出場し、今季は正捕手の筆頭候補として期待されていた

 日本ハムは23日、清水優心捕手が徳島市内の病院で「椎間板ヘルニア及び嚢腫(のうしゅ)の手術」を受け、無事に終了したと発表した。ゲームに復帰するまで、約3か月を要する見通し。

 2014年のドラフト2位で九州国際大付高から日本ハムに入団した清水。2017年に61試合に出場して頭角を表すと、昨季は自己最多の86試合に出場し、打率.215ながら、7本塁打を放ってパンチ力を発揮していた。

 今季は正捕手の筆頭候補として期待されていたものの、この手術で開幕までの復帰は絶望的となった。(Full-Count編集部)

Full-Count

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング