【MLB】空振りでバッティンググローブが吹っ飛ぶ珍事 初速10キロ表示にファン「ウケる」

Full-Count / 2019年8月14日 23時10分

アスレチックのマット・オルソン【写真:Getty Images】

■テレビでグローブの初速が表示 「ハハハハハ、打撃グローブの初速だって!」

■アスレチックス 2-0 Wソックス(日本時間12日・シカゴ)
 
 11日(日本時間12日)にシカゴで行われたホワイトソックス-アスレチックス戦で、空振りした際にバッティンググローブが脱げて吹っ飛ぶ珍プレーがあった。MLB公式ツイッターが動画を公開し、ファンは“笑撃”を受けている。

 6回、アスレチックの左打者マット・オルソンが空振り三振した瞬間、左手にはめていたグローブが脱げてバックネット側に吹っ飛んでいった。テレビ画面にはグローブの初速が6.2マイル(約10キロ)と表示され、放送していたNBCスポーツ・カリフォルニアの実況アナウンサー、解説者もびっくりだ。

 解説「2つの打撃グローブのうち、1つが脱げました。このようなことは見たことがありません」

 実況「私もです」

 解説「今までに空振りして打撃グローブが脱げるのを見たことがありません」

 実況「だから打者は皆、打席を外してグローブを締め直すのでしょう」

 MLB公式ツイッターが、このシーンを「球場では毎日何か新しいことがある」とのタイトルで動画投稿すると、ファンに大受け。

「ハハハハハ、打撃グローブの初速だって!」

「グローブの初速が表示されている。ウケる」

「だから毎回グローブを締め直さなきゃ!」

「最初見た時、鳥にでも当たったのかと思った」

 グローブの速度を表示したテレビ局の機転も、受けた要素だったようだ。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング