「天文学的確率」「初めて見た」 鷹上林の“ポールてっぺん直撃弾”にファン驚愕

Full-Count / 2020年10月18日 19時55分

本塁打を放ったソフトバンク・上林誠知【画像:パーソル パリーグTV】

■高々と舞い上がった打球は右翼ポールてっぺんに直撃し跳ね返った打球がネットに突き刺さる

 弾丸、美しい弧を描く、場外……。様々な種類のアーチで見るものを虜にする本塁打だが、ポールのてっぺんに直撃する超レアなアーチが話題になっている。

 これまで見たことのない珍しいホームランが飛び出したのは17日に行われたウエスタン・リーグのソフトバンク対中日戦だった。5回1死一、二塁でソフトバンクの上林は中日先発の山本が投じた124キロのスライダーを強振。

 完璧に捉えた打球は高々と舞い上がり右翼へ飛び込んだが、打球はなんと右翼ポールのてっぺんに直撃し後方のネットに突き刺さる世にも珍しい5号3ランとなった。

 まさかのアーチに「パーソル パ・リーグTV」も「激レア!? ホークス・上林 ライトポールの1番上に当たる3ラン」とのタイトルで動画を公開。これにはファンも「これは天文学的確率」「こんなの初めて見た」「ポールの真上直撃は初めてみた」「凄いところに当たってる」「芸術点高すぎる」と驚きの声を上げていた。(Full-Count編集部)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング