今、欧州自動車メーカーがPHV開発に力を入れる理由

FUTURUS / 2014年9月29日 8時2分

最近ポルシェやBMW、ボルボ、アウディなどの欧州車勢が相次いで「PHV」を発表、日本にも導入を開始している。国内メーカーでは、TOYOTA「プリウスPHV」や、三菱「アウトランダーPHEV」などが発売されており、「PHV」は次世代環境車の本命と言われている。

ポルシェが今年7月に「カイエン」のPHV版となるカイエンS「E-ハイブリッド」を日本へ導入。

8月にはBMWがPHVのスポーツモデル「i8」を、ボルボも年内に最新モデル「XC90」のPHVモデル「T8」を日本に導入する予定になっている。

また来年前半にはアウディがPHVの「A3 e-tron」を日本へ導入すると発表している。

■ PHVの変遷

そもそも家庭用電源などから充電が可能な「PHV」こと「プラグインハイブリッドカー」は、2000年代に入って世界で次々と登場するようになった。

量産車初となるPHVはEV走行が約96km可能とされる中国のBYDが政府向けに2008年12月に発売した「F3DM」で、2年後の2010年12月には米GMが約64kmのEV走行が可能な「シボレー・ボルト」を米国市場に導入。

翌年の2011年11月には米ベンチャーのフィスカーが超高級スポーツPHV「カルマ」を発売している。

一方、HVの本家、日本では2009年11月にトヨタが「プリウス」をパワーアップさせた「プリウスPHV」を発表、リース販売をスタート。その後、2012年1月に正式発売。この「プリウスPHV」が、日本で購入できる最初のプラグインハイブリッドカーとなった。

http://newsroom.toyota.co.jp/jp/detail/1497607/

翌2013年1月には三菱自がSUVで初となる「アウトランダー」のPHVモデルを発売、同年12月にはホンダが新型アコードにPHVモデルを追加発売している。

■ 欧州勢にさし迫った排ガス規制対応

PHVのメリットはHVよりも多くのバッテリーを搭載、EVとしてゼロエミッション走行が可能で、且つエンジンでも走れることから航続距離への不安が無い点に尽きる。

ただ、その反面バッテリー容量が大きいことから重量増となり、車両価格も高めで、充電設備の設置が困難な共同住宅での使用には向かないなど、EVと同様に販売が伸びていないのが実情。

ではディーゼルが主流の欧州車勢があえてEVやPHVの開発に力を入れている理由は何なのか。

その背景には欧州に於ける環境規制強化への対応が有る。

欧州では1970年代初めに自動車の排ガス規制がスタート、順次規制値を強化して来たが、大気汚染は想定したほど改善されていないと言う。

その理由として欧州ではガソリン車よりも窒素酸化物(NOx)の規制値が緩いディーゼルエンジン車の新車販売に占める割合が5割を超えていることが挙げられる。

そこでEUは今年9月にディーゼル車のNOx大幅削減を盛り込んだ排ガス規制「ユーロ6」を施行した。

これに伴い、1年後には継続生産車を含む全ての新車に於いて規制値をクリアしなければならない。

この規制値は上表のとおり、世界でも厳しいことで知られる日本の排ガス規制値(2009年10月施行)と同等だ。

こうした状況を踏まえ、欧州車メーカーはこれまでの技術の延長線上では規制値クリアが困難と判断、日本メーカーが先行して開発してきた「EV」や「HV」技術を取り入れ始めたというワケだ。

■ 欧州勢は中国や日本にEV、PHVを積極導入

ユーロ6対応モデルなら日本にも導入可能なことや、中国市場に於いても悪化が著しい大気汚染の解消に向け、EVやPHV購入に補助金が出ることも導入の大きなファクターとなっているようだ。

欧州勢は日本市場で販売上、かぶることが少ない高級SUVやスポーツ系モデルでPHVを導入する傾向が見られる。

欧州車の今後のトレンドはEVに加えて「燃費」と「走り」の良さを両立できる「小排気量エンジン+過給器+モーター」になると予想される。

中でも前輪と後輪にエンジンとモーターの動力を振り分ける事が可能な4WDモデルへのPHV適用はまさにその流れに打ってつけと言えそうだ。


■ 欧州自動車各社のPHV 諸元(参考)

【ポルシェ カイエンS E-ハイブリッド】フルタイム4WD

・システム出力:416ps/最大トルク:60.2kgm
・EV走行:36km
・欧州複合燃費:29.4km/L
・最高速度:243km/h
・0-100km加速:5.9秒
・価格:1,155万円

【BMW i8】フルタイム4WD

・システム出力:362ps/最大トルク:58.1kgm
・EV走行:35km
・欧州複合燃費:47.6km/L
・最高速度:250km/h
・0-100km加速:4.4秒
・価格:1,917万円

【ボルボ XC90】フルタイム4WD

・システム出力:400ps/最大トルク65.3kgm
・EV走行:40km
・その他:未発表

【アウディ A3 e-tron】

・システム出力:204ps/最大トルク:35.7kgm
・EV走行:50km
・欧州複合燃費:66.7km/L
・最高速度:222km/h
・0-100km加速:7.6秒
・価格:未発表

*参考:国交省、欧州自動車工業会(ACEA)、Porsche、BMW、Volvo、Audi

FUTURUS

トピックスRSS

ランキング