あらゆる自転車を電動に変えてしまう魔法のホイール

FUTURUS / 2014年12月17日 17時31分

近年、私たちのライフスタイルが見直され「エコ」や「オーガニック」など、より自然と調和した生活を心がける人が増えているようだ。

食生活や仕事、住宅など様々なところで変化が起きているが、今回はその中でも「移動」に焦点を置いた商品をご紹介する。


■ 30分程度で自転車が電動に

マサチューセッツ州にある電動自転車メーカー「EVELO」は、非電動自転車に取り付けることによって電動自転車に変えてしまう「Omni Wheel(オムニホイール)」を開発した。

オムニホイールは前輪に取り付ける。あなたが簡単な工具を使える人であれば、ものの30分程度で作業が完了してしまうのだとか。

これなら、お気に入りの自転車からわざわざ新しいものに買い換える必要もないし、様々なモデルに流用できる可能性がある。

電動自転車を使用した経験のある人が気になるのはコントロールパネルだが、これには専用の小型モニターを用意したのだそう。スマートフォンアプリと連動させることも考えたそうだが、バッテリーや取り回しなどを考えこちらを選択した。

同商品は2015年3月に出荷予定で、通常タイヤの26インチモデルとロードバイクタイヤの700cモデルを用意。どちらも満充電で24〜64Kmの走行が可能。また、さらに大容量のバッテリーを積んだモデルなら最低でも40kmの走行が可能だ。充電時間はおよそ4時間〜9時間で、価格はUSD999〜1,499。

■ アジアの新興国に広めたらどうなる?

残念ながら今のところ日本への出荷予定はないそうだが、生活スタイルなどを考えると国内でのニーズは大いに期待できる。特に、お金や健康、それに環境への影響を考慮してガソリン車を止めた人には非常に気になるアイテムではないだろうか。中国やタイ、インドなどバイク人口が多い国ならなおさらだろう。

またメリットとしては、自転車全てを買い換えなくても良い点が挙げられる。新しいものにシフトするときは同時にたくさんの資源が廃棄されてしまうが、それらの大部分を無駄にしなくて済むかもしれない。出荷開始が非常に楽しみな商品である。

*参考:Omni Wheel by EVELO Electric Bicycle Company

FUTURUS

トピックスRSS

ランキング