太陽光発電した電力で自走できる折りたたみバイク

FUTURUS / 2014年12月20日 16時37分

太陽光を利用した電動アシスト自転車は既に実用化されているものもあり、完全に電力のみで自走する電動バイクも幾つか開発されている。

しかし、折りたたみができる電動バイクとなると、今回紹介する「Solarbike」が初めてになるかもしれない。


■ 効率良く太陽を受光するためのデザイン

「Solarbike」はソーラーパネルを搭載することで、太陽光発電した電力で自走できるバイクだ。しかも折りたたみができる。

しかしバイクというのは車の様に横幅が無いため、構造的に太陽光を効率良く受光するための面積をもっていない。

よく見られるソーラーバイクのアイディアでは、後輪の内側に太陽光パネルを配置しているが、そのままでは太陽の光を効率良く受光できていない。

そこで「Solarbike」では、走行中に太陽光を効率良く受光するために、後輪の内側にある太陽光パネルを水平に保つ工夫が施されている。

そして、水平に保たれた受光部は、同時に足を乗せる台(フットレスト)にもなっている。

また、駐車しているときでも、効率良く太陽光を受光できる方向にソーラーパネルの角度を調整することができるので、ちょっとした休憩時間でも短時間で充電できそうだ。

そしてなにより、「Solarbike」の魅力は、非常にコンパクトなデザインで、さらに折りたためることだろう。

これで気軽に電車のなかやエレベーターの中にも持ち込めそうだ。


■ 家庭用電源に依存しない電動バイク

この「Solarbike」はデザインに関するコンテストである「SPARK Awards」でファイナリストとして選ばれている。

「Solarbike」が製品化されれば、コンセントや電源ケーブルの不要な、あるいは無骨なバッテリーボックスを持ち運ぶ必要がない電動バイクを使える様になるだろう。

晴れた日には、電動バイクがコンパクトに折りたたまれてカフェの前に立てかけてあったり、オフィスの日当たりの良い休憩コーナーに立てかけてあるといった光景が見られるようになるかもしれない。

*画像出典:Solar Bike by Juyoung Na » Yanko Design

FUTURUS

トピックスRSS

ランキング