Googleであるキーワードで検索すると斜線が出現? 謎の現象に驚き

ガジェット通信 / 2012年2月16日 18時30分


Googleであるキーワードを入力すると検索結果画面下に変な斜線が出現するという、謎の現象が発生することで話題になっている。斜線は検索結果文字列に覆い被さるように出現。発見者は「我78がひとつなり」というキーワードで検索した結果により偶然この現象を発見したという。
画像を見てみると、確かに検索結果には謎の斜線が出現している。点線とも取れるこの謎の物体。記者のパソコンで確かめてみたところ見事に再現。かなり下の方に表示されており、表示件数を多くしておかなければ見られない可能性あり。ブラウザは『IE9』および『Firefox』。
実はこちらの原因は「我78がひとつなり」というキーワードそのものではなく、そのキーワードで検索した際に表示されるサイトの文章にあった。そのサイトの文章にタイの文字が混在しており、更にそれに続くように数文字同じ文字が並んでいる。それを『Twitter』やウェブページ、スカイプに貼り付けると同じ現象を再現することができる。
現在は『Twitter』でこの謎の文字がプチ現象となっており、あちこりでポスト投稿され続けている。また、かなりの人が検索した模様で、Googleトレンドでも1位に「我78がひとつなり」、8位には「ส」がランクインしている。
偶然みつかった謎の斜線だが、斜線の文字そのもので検索するとカオスなことになるぞ。お試しあれ。
Googleトレンド
検索結果
※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。


【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング