iPhone4S、SoftBankとauのバッテリーは一体どっちが長持ち!?

ガジェット通信 / 2012年3月12日 18時30分

iPhone4S、SoftBankとauのバッテリーは一体どっちが長持ち!?
現在SoftBankとauで発売されているiPhone4S。SoftBankが2008年に初めてiPhoneを発売し、昨年10月にはauも参入し最新型「iPhone4S」の販売を開始。今年の秋ころにはdocomoも参入を予定しているとも噂されており俄然注目を集めているが、前述のように現状iPhoneを扱っているのはSoftBankとauの2キャリアのみ。同じ商品でもメーカーが異なると違いが出るのかどうか、多くの人が気になるところではないだろうか。
SoftBankとauの「iPhone4S」比較は個人レベルからメディアまで、電波状態や通信速度、バッテリーの消費など、さまざまな角度から検証されてきている。バッテリーに関しては、電波の違いでの消耗(電波を探すためにより多くの電力を使い、これがバッテリーを消耗させている)や、応答速度(データを要求してからデータを送ってくるまでの速度)の違いによる消耗などの意見をよく見かけるが、今回<SPApp!>では同じ条件の「iPhone4S」2 台でゲームアプリをプレイして、バッテリーの持ちを検証するという記事がアップされていたので、コチラを紹介したい。
<SPApp!>ではiPhoneの設定はリセット、Wi-FiはOFF、最近地震が多いので緊急地震速報はONという両機種とも全く同じ設定。そして電波状況はともにバリ5(たまに4本の時が両者あり)だ。同じ土俵でのフェアな闘いと言えそうだ。
結果
さて結果から述べると、実験開始からリードを保ち続けau が15%もの差をつけて圧勝。この大差は以下の要因も考えられる。緊急地震速報をONにしていると、SoftBankのiPhoneではバッテリーを激しく消耗するようだが、auのiPhoneは「BC-SMS」という方式を採用しているためバッテリーの消費が抑えられているそう。だが、緊急地震速報をOFFにした状態でも実験したところ、こちらもauのiPhoneの方がバッテリーの持ちがいいという結果になったそうだ。
もちろん利用環境によって数値には個人差が出るものであるが、検証記事はauの勝利をよく目にする気がします…。
<関連サイト>
SPApp!内検証記事
http://www.spapp.jp/item/2185
夕刊ガジェット通信


【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング