立川志らくさん名前の由来はシラク元大統領だった 師匠・立川談志さんが命名

ガジェット通信 / 2019年9月27日 12時30分

9月26日に遺族によって亡くなっていたことが明かされたフランスのシラク元大統領。

この訃報を受け、落語家の立川志らくさんが自身のTwitter上で故人を追悼するツイートを公開した。

志らくさんによると「志らく」という名前は35年前、師匠の立川談志さんによって命名されたもので、当時パリ市長として注目を浴びていたシラク元大統領にあやかったものだということ。

https://twitter.com/shiraku666/status/1177169287129137152?s=19

「35年前。談志「お前に名前をつけてやる。俺はフランスから帰ってきたばかりでな、パリの市長でシラクという頭の良い政治家がいるんだ。必ず大統領になる。そのシラクから名前をやる。志らくだ。日本で無名でもフランスに行けば有名人だぞ!」合掌。」

落語家の名前の由来としては意外なエピソードに、Twitter上では大きな反響が起こっている。

「もう何年前か忘れましたが、師匠がNHKのラジオ寄席の収録で、マクラでそのエピソードを話されました。

その放送を聴いた私はその時初めて #咄家立川志らく の名前と声を知りました。」

「談志師匠の先見の明恐るべし」

「オチが何気におもろい。さすがは談志師匠。」

「談志師匠は、見る目ありますな!

志らく に楽をつけなかったのは、楽させちゃいけねー!って事かな?」

「きっと談志師匠もあっちの世界でシラク元大統領にそんな話をされてるんでしょうね」

シラク元大統領の台頭を見通したばかりでなく、志らくさんをその名に見劣りしない落語家に育て上げているあたり、さすがは天才落語家と称された談志さんである。

※画像はTwitter(@shiraku666)から引用しました

(執筆者: 中将タカノリ)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング