兵器と少女のコラボレーション! システムソフト・アルファー 『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん ++(ぷらすぷらす)』

ガジェット通信 / 2012年6月1日 15時0分

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

『萌え萌え大戦争』とは現在様々な場面で使用されている兵器が女の子の姿となって自分の使命を全うするために、鋼の乙女として活躍するウォーシュミレーションアドベンチャーゲームである。プレイヤーは指揮官として、各キャラクターたちを操り、必殺技などを駆使して戦いを勝利へと導いていく。

●初心者にやさしいチュートリアル

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

シュミレーションアドベンチャーが苦手な人にも、分かりやすく丁寧なチュートリアルが用意されている。ゲーム内で出てくる用語の説明もここでしてくれるので、『萌え萌え大戦争』シリーズを初めてプレイする人は、まずチュートリアルで操作に慣れておくとよい。

●自由度の高いキャラクター操作

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

マス目のない戦場マップを“鋼の乙女”たちが縦横無尽に駆け巡り、敵勢力を殲滅(せんめつ)する、あるいはマップ条件を満たせば自軍の勝利となる。ポイントがなくならない限り何度でも行動できる“アクティブポイント(AP)”、一定の条件がそろえば発動するキャラ同士の“連携攻撃”、自由にマップを見回すことができる“フリーカメラシステム”、“必殺技”などのグラフィック演出の強化といったような様々な要素が加わっており、ゲームシステムは前作からバージョンアップされているのが特徴。

●鋼の乙女とは

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

“鋼の乙女”とは、世界的に有名な戦闘機『F-15 イーグル』や、日本が誇る最新鋭のイージス艦『あたご』など、最新の近代兵器が、可愛い女の子の姿となった人型兵器である。戦うために開発された彼女たちは、鋼鉄のボディと強力無比な武器を持ちながらも、泣いたり笑ったりする人間(少女)に限りなく近い特徴を持つ。

●選べるストーリー 自分の好きな戦場を駆け巡れ

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

本作はゲームの冒頭に3つの異なる戦場を選択することができる。中東戦編、ベトナム戦争編、さらにPS3版シナリオとして第三次世界大戦編も収録されている。

それぞれのシナリオで出てくる乙女が変わるので、自分の好きなキャラが出ているシナリオから進めるのも手の一つ。

●ダメージによって服の破け具合が変わる! ダメージカットイン

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

戦闘中にキャラクターがダメージを受けHPが減ると“カットイン”が表示されることがある。受けたダメージの度合いによって破ける服の度合いも変わってくる。ダメージを受ければ受けるほど露出が高くなるぞ。

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

また、戦闘にて負傷した乙女を修理することができる新規のパート。それがコミュニケーションパートである。ここでは戦闘パートでダメージを負った乙女の修理を行うことができる。修理を行うことにより乙女の言動が変わっていくこともある。好みの乙女を重点的に修理してあげれば……。

●ここぞという時の必殺技 ピンチの時の合体技

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

鋼の乙女キャラクター等の一部のユニットにはHPとAPの他に、SPという特殊なパラメーターが設定されている。このSPは毎ターンの開始時に一定数ずつ上昇し、このSPを大量に消費することで強力な攻撃“必殺技”を使用することができる。ここぞというタイミングを見極めるのがポイントとなる。

萌え萌え大戦争げんだいば~んぷらすぷらす

ゲームを進めていくと、特定の鋼の乙女のペアで合体技が使用できるようになる。合体技の使用条件は厳しいものとなっているが、必殺技より強力な攻撃を行うことができる。

合体技の使用条件

・“合体技”が使用可能な鋼の乙女ペアが一定範囲内にいる。

・それぞれ合体技に必要な“SP”がたまっている。

・どちらかが敵ユニットを合体技で攻撃できる状態にある。

必殺技や合体技、地形など様々な要素を駆使し、鋼の乙女たちを勝利に導けるかはプレイヤーの腕にかかっている。

『萌え萌え大戦争☆げんだいばーん ++(ぷらすぷらす)』はシステムソフト・アルファーより好評発売中。

<萌え萌え大戦争基本情報>

プラットフォーム:PlayStation3

ジャンル:萌えて燃える戦略シュミレーション+アドベンチャー

CERO:D

プレイヤー:1人

価格:通常版/7140円(税込価格)

プレミアム・エディション/9240円(税込価格)

(C)2012 SystemSoft Alpha Corporation

(ゲームレビュアー:oshinopepe)



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング