「オタマトーン」の中国製パクり商品がAmazonで横行……明和電機・土佐信道さん自ら怒りのレビュー投稿する事態に

ガジェット通信 / 2019年10月20日 11時30分

棒の部分にセンサーがついており、指で触るだけで誰でも多彩な音楽を奏でるられる夢の楽器型おもちゃ……

芸術ユニット明和電機とCUBEおもちゃ会社が開発し『日本おもちゃ大賞2010』を受賞するなど評判の『オタマトーン』

しかし、いま通販サイトAmazonではそんなオタマトーンのパクり商品が横行しているという。

10月18日、そんな状況に耐えかねたのか明和電機“社長”の土佐信道さんがパクり商品のレビュー欄に画像入りの苦情を投稿。

「アマゾンにオタマトーンメロディのパクり商品が売ってましので、社長自らレビューを書いちゃいました!みんなの投稿、お待ちしてます!」

https://twitter.com/MaywaDenki/status/1185152385745858561

土佐さんの腹立ちまぎれなやけっぱちのスマイルに、TwitterなどSNS上では大きな反響が集まっている。

「あの笑顔でその企業様に向かって100ボルトを落とすんだろうなぁ。スパーク一発やりにげ~!応援すっぞ!」

「思った通りで上海の業者がアマゾンのサイトを使って「マーケットプレイス」で出品してるんですね。」

「明和電機社長オタマトーンのパクリ商品を見つける

社長自らレビューで遊び始める

社長のレビューが消される

パクリ商品は生きてる」

「オタマトーンがぱくられて

大変みたいだ

大丈夫

音感ある人は本物選ぶっていいたいけど

……こういう音ものって、好みになっちゃう部分もあるんだよね……

だから、ぱくりのほうが使いやすいとか、そんなにかわらないとか、なっちゃいかねない

開発した方はたまったもんじゃあないよ」

パクり商品のページには

「hamulekfae-かわいいオタマトーンメロディー音符形子子供趣味練習子楽器玩具 – ブルー可愛い 」

というなんともおぼつかない商品名と共に

「仕様:

日本で最も売れている音楽玩具の1つで、いくつかの楽しいビルトイン曲でリズムとメーターを教えるミニキッズバージョンです。

オタマトーンの音符の形の「フラグ」のボタンを押して曲を選択し、正しい間隔でステムを押して演奏します。

この愛らしい小さな玩具は、幼い子供たちにタイミングとリズムの基本を教えるのに最適です。さらに、彼らはそれをメモ帳に口を付けて「歌う」ことを好むでしょう。」

といういかにも怪しげな商品説明が記されている。

Amzonの管理体制がもう少し向上すればこのような事態は防げると思うのだが。

※画像はamazonから引用しました

https://www.amazon.co.jp/dp/B07QJ336V6/ref=cm_sw_r_tw_apa_i_64zQDb5D25296

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: 中将タカノリ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 面白い未来、探求メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング