「マヌルネコ達を本来の生活環境に」こども動物自然公園が施設整備のための寄付金を募集中

ガジェット通信 / 2019年10月23日 16時30分

埼玉県東松山市にある「埼玉県こども動物自然公園」が、マヌルネコの屋外放飼場「マヌルロック」を整備するための寄付金を募集しています。

現在、埼玉県こども動物自然公園では4頭(オス1頭メス3頭)のマヌルネコたちが暮らしており、屋内の施設で展示されています。

しかしもともとモンゴルなどの高地に生息しているマヌルネコは、寒さに強い動物。今回新たに本来の生活環境を再現した屋外施設を整備するため、寄付金が募集されることになりました。

なお、同公園は、展示動物たちのより幸せな暮らしを実現するための「アニマル基金」を2015年度に設立。これまでにも2回寄付金を募集しており、1回目はカピバラの露天風呂、2回目はレッサーパンダの屋外放飼場を園内に整備しました。

第3回となる今回の寄付金募集期間は、今月末まで。詳細については公式ホームページをチェックしてみてください。

第3回「マヌルネコ屋外放飼場・マヌルロック」寄付金募集概要

・募集総額 300万円

・募集期間 2019年4月18日(木)~10月31日(木)まで

・申し込み方法

所定の「寄附申込書」に必要事項をご記入のうえ、郵便もしくはFAXにてお申込みください。直接持参でも受け付けています。なお、寄付金は振込のみの受付となります。

(現金の持参は取り扱いいたしませんのでご注意ください)

・連絡または申し込み先

公益財団法人 埼玉県公園緑地協会 埼玉県こども動物自然公園管理事務所

〒355-0065 埼玉県東松山市岩殿554

TEL 0493-35-1234 FAX 0493-35-0248

・埼玉県こども動物自然公園 Saitama Children’s Zoo

「第3回アニマル基金寄附金募集のお知らせ」

http://www.parks.or.jp/sczoo/zoonews/index.html

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』

(執筆者: しゃむ) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング