1つで4度おいしい!?『GUILD01』はお得なゲーム!

ガジェット通信 / 2012年6月14日 23時0分

皆さんこんにちは。今回プレイさせていただいたのは2012年5月31日発売のニンテンドー3DS専用ソフト『GUILD01』です。このゲームのジャンルは“ゲームオムニバス”という不思議なジャンルです。このゲームの中には4人の別々のクリエーターさんがディレクションした4種類の別のゲームが入っています。

1つ目は『解放少女』です。解放少女は解放機カムイというロボットに乗る主人公の大空翔子を操作し、クサビと呼ばれる隣国から持ち込まれた機械を壊していきます。このゲームは3Dシューティングなのですが、私シューティングは苦手意識があるのもありますが今までやったことがないのですよね。ちょっと不安でゲームをプレイし始めました。

では最初にストーリーモードをやってみましょう。最初に驚いたことはアニメから始まることです。そこまで長くないアニメなのに、引っ張られる感じがあってその世界に入り込んでしまいました。操作方法や今何をしたらいいかなどは、秘書の雲母が教えてくれるので、それに従いつつ進めることができます。解放機カムイの操作は『3DS』のスライドパッドでできます。カムイを操作しながら敵が打ってくるミサイルやら大砲を避けつつ、タッチペンで下の画面のその敵の位置を触るだけでカムイから攻撃することができるのです。思ったよりも簡単な操作でびっくりしました。ミサイルなどを壊しつつ進んでいくと、クサビを見付けることができます。クサビにはいくつものコアがあり、敵からの攻撃を避けつつ、そのコアを集中的に攻撃していきます。こちらからの攻撃はタッチペンでその位置を触るだけだったり、押して離す“ため攻撃”などもできますので、集中攻撃に使ってみるといいですね。

最後のコアにはトッコウをします。タッチペンでぐるぐるとまわし、解放機カムイを回してコアを潰します。これが結構快感でした。「日本を救うぞー!」といった気分になったのでしょうか。

『解放少女』にはステージがいくつもあり、クリアしたステージはステージアタックとしてやり直すことができます。ストーリーモードの時とは内容が少しだけ違いますが、私はやり直しをして練習していました。シューティングが苦手な人も、イージーモードがありますのでぜひプレイしてみてください。私はイージーモードでクリアしました。

2つ目は『レンタル武器屋 de オマッセ』です。不思議なタイトルだなーと最初に思いました。RPGなどにある武器屋さんでレンタルなんて聞いたことないですからね。このゲームはユーハンという頑固な武器屋の弟子になった少年がちょっと訳ありな勇者たちの為に武器を作っていくゲームです。でも武器はレンタルなんです!このゲームはお笑い芸人のアメリカザリガニの平井さんがディレクションをしたということもあってお笑い要素満点のゲームになっています。

まず勇者が依頼にきます。どのような敵と戦うか、勇者はそのような武器をよく使うかなどの情報を見つつ、武器を作ることになります。武器は短刀、剣、刀、槍、斧、棍棒、日本刀剣、中華刀剣で最初は数少ないですが武器屋のレベルが上がっていけば多くの種類を作ることができます。では師匠である親父の手本通りに武器を作ってみます。親父が先に音楽に乗ってカンカンとたたくのでそれに合わせるようにあとで自分もたたきます。この音楽もポップな感じのものやクラシックだったり演歌だったりします。これが凄く楽しいです。不思議な感覚ですが色んな武器を作ってみたい! って思うようになりました。武器は作るだけでなくメンテナンスもしないといけないので勇者たちから返ってきた武器を磨くことになります。操作はこれも簡単! 武器の上をタッチペンでこするだけ!

最初に書いた通り、この物語に出てくる勇者たちはみんな訳ありだったりします。みんなそれぞれ物語があって、その内容も笑えるものから切なくなってしまうようなものもあって、飽きることはありませんでした。そして勇者たちがちゃんと武器を使えているか気になりますよね? そういう時はドナイナッターというもので勇者たちの行動を見守りましょう! もしかしたら普段とは違う勇者の一面が見れるかも知れません! 普段遊んでいるゲームの武器屋とは少し違ったレンタル武器屋さんですがこれはもしかして流行るかも!? それくらい面白かったです!

次は『AERO PORTER』です。プレイヤーは空港の責任者となって様々な荷物を仕分けして、空港を大きくしていきます。一見簡単そうな感じがしますが、仕分けは難しいです。荷物が運ばれてくるベルトコンベアは最初こそ3基ですがどんどん増えていきます。

操作は至って簡単です。ベルトコンベアをLRボタンで開いたり閉じたりして荷物を落としたりあげたりするだけ。何が難しいんだ! と思う方がいるかもしれませんがベルトコンベアは開く場所が連動しているので上の荷物を真ん中に落としたい!でもそれだと真ん中の荷物もその下に落ちてしまう! なんて悩みながらのプレイになります。

途中荷物を仕分けているとミッションが発生します。わがままなVIPのお客様の荷物を大事に仕分けしないと進めることができなかったり、爆発物を専用の処理車に運んだり、ミッションの数も豊富です。爆弾の処理はドキドキして何回も失敗してしまいました。このミッションをクリアすることで旅客機をゲットすることができます。その旅客機は自分なりにカスタマイズできるので、様々なミッションをクリアして自分の好みの旅客機を作ってみてください! 操作は簡単だけど結構頭使うゲームですよ! うまく荷物が仕分けできると思わずガッツポーズしてしまうような感じです。

最後は『クリムゾンシュラウド』です。皆さんはテーブルトークRPGというものを知っていますか? いわゆるゲーム機などのコンピュータを使わないで、紙や鉛筆、サイコロなどの道具を使い、話しながら遊ぶ対話型のRPGです。この『クリムゾンシュラウド』はそんなテーブルトークRPG風のゲームです。

戦闘はいたって普通のRPGと同じです。じゃあ何が違うかというと、イベントや戦闘などが起こる場所にはプレイヤー自身がチェスの駒のようになり動かすことができるのです。もちろん起こるイベントや戦闘は別々です。テーブルトークRPG初見の私にはこれがとても新鮮でした。既にある物語を追っていくのもいいですが自分で物語を作っていくような感覚がたまらなかったです。これが魅力というやつでしょうか? 物語の中にはいくつものシナリオがあります。その中で選択肢を選ぶ場面があります。選ぶものによって先のイベントが変わっていくかと思うとやっぱりわくわくしてきますよね!

最初に書いたようにテーブルトークRPGはサイコロなどの道具を使うゲームです。この『クリムゾンシュラウド』にもサイコロがでてきます。戦闘中にサイコロを振り、その出目によって回復する量が決まったり、イベント中にもサイコロを振る場面が出てきます。それによってイベントの進み方も変わってくるのでこういうサイコロの運がない私はそこで大丈夫かな? とひやひやしながらプレイしてました。まさにプレイヤーの命運を握っているという感じでしょう!

この4種類のゲームが1つのソフトに入ってるんです。お得だと思いませんか? 1つ1つどれもやりがいがある面白いゲームです。しかもどのゲームも操作は簡単です。でもはまります! 1つのソフトで4度おいしいゲームができる『GUILD01』を皆さんぜひプレイして体験してみてください!

(ゲームレビュアー:梛)



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング