怖さレベルをマシマシに。 乙一監督のホラー映画『シライサン』日本初の“イヤホン360”上映を実施[ホラー通信]

ガジェット通信 / 2019年11月20日 9時0分

乙一の名で作家としても知られる安達寛高が監督し、飯豊まりえが主演する完全オリジナルストーリーのホラー映画『シライサン』が2020年1月10日(金)に全国公開。本作において、追加料金なしで怖さレベルをマシマシにできる日本初の体験型上映“イヤホン360上映”が実施される。

“イヤホン360上映”は、お手持ちのスマートフォンに専用アプリをダウンロードし、イヤホンをつけて劇場で鑑賞するもの。映画本編にはない戦慄の3Dサウンドを付加して鑑賞することができ、より一層の恐怖を体験できるのだ。イヤホンとスマートフォンを持参するだけでよく、通常の映画鑑賞料金のみで体験できるのも嬉しい。もちろん、イヤホンをつけずに通常上映を楽しむこともできるので、途中で怖さに耐えられなくなったらやめてもいいし、同行したお友達だけイヤホンをつけない、なんてことも可能なわけだ。

はてさて実際にはどんな音がするのだろうか? “シライサン”が現れる時に奇妙に鳴り響く鈴の音や、不吉な予感を漂わせるノイズ音、耳からズーンと体に響き渡る不気味な重低音……などなど。予期せぬ方向から、予期せぬタイミングで迫ってくる“シライサン”の恐怖を、視覚以上に聴覚からも体験できるのだという。そして、本編の最後には背筋も凍る恐怖の仕掛けが……? 

“イヤホン360上映”は、もともとオーディオコメンタリー上映やバリアフリー上映などに使用されている株式会社エヴィクサーの音声同期システム・Another Trackを応用したもの。使い方を解説する動画も公開されている。

なお、映画『シライサン』公式サイトにアクセスすると、イヤホン360を体験できるお試し動画も公開されている。

『シライサン』

2020年1月10日(金)全国公開

https://shiraisan.jp/

配給:松竹メディア事業部

(C)2020 松竹株式会社

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング