「The Game Awards 2019(ザ・ゲームアワード2019)」が各賞を発表 ゲーム・オブ・ザ・イヤーは『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

ガジェット通信 / 2019年12月14日 19時0分

12月12日、カリフォルニア州ロサンゼルスで開催された「The Game Awards 2019(ザ・ゲームアワード2019)」にて、各賞が発表されました。

https://twitter.com/sekirothegame/status/1205346950876282880

世界中のゲームメディアが選出した“今年最も高評価を受けたタイトル”のゲーム・オブ・ザ・イヤーには、フロム・ソフトウェアの『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』が選ばれました。

Sekiro: Shadows Die Twice Wins the Game of the Year Award | The Game Awards 2019(YouTube)

https://youtu.be/hogO4TlJmOI

ミシェル・ロドリゲスとヴィン・ディーゼルという豪華なプレゼンターからゲーム・オブ・ザ・イヤーが発表されました。

https://twitter.com/thegameawards/status/1205347345547677697

フロム・ソフトウェア代表取締役社長の宮崎英高さんによる受賞スピーチです。

カテゴリー別の各ゲーム部門受賞作は以下となっています。

ゲーム・オブ・ザ・イヤー:『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

アクションゲーム:『デビル メイ クライ 5』

アクション/アドベンチャーゲーム:『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE』

ファミリーゲーム:『ルイージマンション3』

ファイティングゲーム:『大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL』

ロールプレイングゲーム:『Disco Elysium』

スポーツ/レーシングゲーム:『クラッシュ・バンディクーレーシング ブッとびニトロ!』

ストラテジーゲーム:『ファイアーエムブレム 風花雪月』

VR/ARゲーム:『Beat Saber』

モバイルゲーム:『コール オブ デューティ モバイル』

https://twitter.com/thegameawards/status/1205343866238291968

今年の大きな話題作のひとつ、小島秀夫監督の『DEATH STRANDING(デス・ストランディング)』は、多くの部門でノミネートされ、ゲームディレクションなど3つの賞を受賞しました。

https://twitter.com/thegameawards/status/1205324943820382209

『デビル メイ クライ 5』でベストアクションゲームを受賞し、壇上に上がるカプコンの伊津野英昭さん。

https://twitter.com/thegameawards/status/1205318839078010881

https://twitter.com/nakamura193/status/1205382197328302083

海外で知名度の高い中村育美さんもプレゼンターとして登壇。客席ではあのイーロン・マスクの隣だったようです。

※画像:Twitterより引用

https://twitter.com/sekirothegame/status/1205346950876282880

(執筆者: 6PAC)

―― 会いたい人に会いに行こう、見たいものを見に行こう『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング