【動画】語学コンプレックス解消? 『メール翻訳コンシェル』を使って飲みに誘ってみた

ガジェット通信 / 2012年7月20日 18時0分

【動画】外国人とのメールのやり取りが超簡単 ドコモ『メール翻訳コンシェル』で飲みに誘ってみた

日本語は話せるけど、日本語の読み書きはできないという外国の人っていますよね。そんな外国人のひとりであるジェームス(仮名)を、ドコモのスマートフォンで使える翻訳サービス『メール翻訳コンシェル』を使って、飲みに誘ってみました。操作感が分かるように動画も撮影したので、併せてご覧ください。

『メール翻訳コンシェル』は、ドコモのAndroidスマートフォンで利用できる無料の翻訳サービス。アプリをインストールすると、日本語のメッセージを英語、韓国語、中国語に自動翻訳して、『spモードメール』や『Gmail』、SNSを介してやり取りができます。受け取る側は母国語のメールとして読むことができるのですが、ジェームス(仮名)はドコモのスマートフォンを持っていたので、英語のメッセージを逆に『翻訳コンシェル』で日本語に翻訳して送ってもらうことにしました。

●音声入力で簡単翻訳

筆者:今日飲みに行きませんか?

『メール翻訳コンシェル』を起動して、日本語のメッセージを作成します。日本語の音声入力に対応するので、入力はラクチンです。認識したメッセージを「決定」すると、あっという間に英語に翻訳したメッセージを表示してくれます。

翻訳結果:Shall we go to drink today?

翻訳結果には、英語から逆翻訳した日本語を一緒に表示するので、「ニュアンスがちょっと違うかな?」というときには日本語の内容を変えてみましょう。ちょっとした工夫ですが、相手とスムーズにコミュニケーションするためには重要な機能といえそうです。

翻訳結果に問題がなければ、「spモードメール」のボタンをタップすると、『spモードメール』の本文に貼り付けて利用可能。原文の日本語を一緒に貼り付けるかどうかは、設定から選択できます。ここで「アプリ連携」をタップすると、スマートフォンにインストールした『Gmail』やSNSなどのアプリに渡して利用可能。SNSに日本語と英語の両方で投稿したい人などには便利そうです。

●届いたメールは『メール翻訳コンシェル』から返信可能

ジェームス(仮名)が受信

ジェームス(仮名)にメールが届いたようです。メール本文を表示してメニューから「共有」→「その他のアプリ」で『メール翻訳コンシェル』を選択すると、受け取ったメールの返信に翻訳機能を利用できます。

ジェームス(仮名):Great, Where do you go?

翻訳結果:すごい、どちらに行かれますか。

翻訳結果を『spモードメール』で返信。これで筆者に日本語で返信が届きます。

●やり取りはスムーズに完了

ジェームス(仮名)からの返信に、筆者も『メール翻訳コンシェル』で返信します。

筆者:渋谷に日本酒が美味しい居酒屋さんがありますよ。

翻訳結果:The bar where sake is delicious is in Shibuya.

ジェームス(仮名):I love the sake.

翻訳結果:酒が大好きです。

筆者:では21時に渋谷で会いましょう。

翻訳結果:Then let's meet in Shibuya at 21:00.

ジェームス(仮名)も大喜び

と、ここまで非常にスムーズにやり取りができました。ジェームス(仮名)も喜んでいます。このやり取りの模様は、是非動画でご覧ください。

『メール翻訳コンシェル』を使って外国人を飲みに誘ってみた(YouTube)

http://youtu.be/neAxc5FfgXc

ご覧いただいた方から「何だこのオチは」とお叱りを受けそうですが……。やり取りするどちらか一方が『メール翻訳コンシェル』を使えば十分にコミュニケーションは取れますが、双方で使えば受け取ったメールを翻訳するひと手間が省ける、ということがお分かりいただけるのではないでしょうか。外国人とコミュニケーションをとる機会が多い方は一度試してみてはいかが。



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング