インドで「世界一長いケーキ」がギネス世界記録認定 全長なんと5300メートル!

ガジェット通信 / 2020年1月17日 13時0分

南インド・ケララ州のお祭り会場で、「世界一長いケーキ」作りに挑戦するイベントが開催されました。

参加したのは地元パン屋協会に所属するパン職人と料理人およそ1500人。テーブルの上に蛇行して並べた生地に手分けしてチョコレートクリームを塗りたくり、4時間ほどかけてなが~いケーキを作り上げました。

https://twitter.com/GWR/status/1217525516372148226?s=20

完成したケーキは幅と高さが約10cmで、長さはパン屋協会の調べで約6500メートル。ケーキを一直線に伸ばして端から端まで歩くとしたら1時間半もかかってしまうほどの長さです。使用した小麦粉と砂糖の量はおよそ1.2トン、完成したケーキの重さは2.7トンほどになるということです。

https://twitter.com/GWR/status/1217526111271313408?s=20

ギネス認定員の測定の結果、記録として認められたケーキの長さは5300メートルに。計画より少し短くなってしまいましたが、それでも2018年に中国で作られた約3200メートルのフルーツケーキの記録を更新し、「世界一長いケーキ」に認定されました。パン屋協会の事務局長は「これは私たちの技術を世界に紹介するための努力です。衛生と味が最高水準にあることを保証します」と話しているそうですが、現地からの画像を見ると……うーん、どうだろう?

画像とソース引用:theguardian.com及びTwitterより

https://www.theguardian.com/world/2020/jan/16/indian-bakers-rise-to-task-of-making-worlds-longest-cake[リンク]

(執筆者: ろくす)

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング