「中国・韓国で鼻の頭を赤く塗るイチゴ鼻メイクが流行」という記事への高須克弥院長のツイートが大反響

ガジェット通信 / 2020年1月19日 13時20分

1月18日、高須クリニックの高須克弥院長が『Twitter』にて

「中国で流行り、韓国でも話題に 鼻の頭を赤く塗るイチゴ鼻メイクが大流行 今春には日本の女子の鼻の頭も真っ赤になるのか」

というまとめサイトの記事にリンクを貼り

鼻先を突き上げ高くするL型の隆鼻シリコンプロテーゼを入れると循環障害で鼻先が赤くなります。日本では廃れました

とツイートを行った。美容整形の第一人者ともいえる高須院長のツイートは反響を呼ぶ。

「そのうちメディアが日本の若い子の間で大流行って言い出すんでしょうね」

「なるほど、整形バレを隠すためにメイクだ、 流行ってるんだという事にしたいんですね」

「成る程。1つ賢くなった」

といった返信が寄せられ、加藤茶さんや志村けんさんがコントで鼻を赤くしたメイクをしている写真が貼られるなどしていたようだ。

高須院長は、続けて

「こんなかたちの鼻にしてください」と見本の写真を持ってくる人の希望する鼻は昔のL型シリコンプロテーゼをいれたことがバレバレの韓国か中国のタレントさん。

鼻先が固くて動かせず赤いので非常に不自然。

30年くらいすると鼻先の皮膚が薄くなりすぎて破れることも多いです。

これから大変です。

ともツイートを行う。こちらも反響を呼び、さまざまな返信が寄せられていたようである。

※画像は『Twitter』より

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング