チキンラーメン「アクマのキムラー」をご飯と炒めてチャーハンにしてみたら……「これはいいオヤツ」「ジャンク感が最高」

ガジェット通信 / 2020年3月19日 8時30分

漫画家の谷口菜津子先生がTwitterに投稿して話題になったチキンラーメンのアレンジレシピ「アクマのキムラー」を日清食品が正式に商品化した「チキンラーメン アクマのキムラー」。

https://twitter.com/nco0707/status/782763879117889536

2020年3月には、唐辛子の辛みをアップして新たにガーリックの風味と旨味を加えた“やみつき旨辛”な味わいにリニューアルして発売されました。さっそくご飯と炒めてチャーハンにしてみましょう。

3食入り袋麺の「チキンラーメン アクマのキムラー」。開封してみると、1食につき麺だけでなくキムチ・かきたま・ニラが入った具材の袋、旨辛スープの小袋が入っています。

麺を砕いて丼に入れ、具材を乗せて水で戻していきます。水の量は全体が浸る程度でOK。

200gのご飯と卵を塩コショウで味を調えながら炒め、水で戻した麺と具材を合わせます。

ここで旨辛ソースを加え、麺の水分が飛ぶまで炒めたら完成。

ニラのいろどりが映えて、見るからに美味しそうなチャーハンです!

編集部スタッフで試食。そのお味は……?

おほっ、ウマい! チキンラーメンの麺の特徴である、お菓子っぽいジャンクな感じが旨辛のチャーハンと絶妙にマッチしています。ガーリックの風味も相性バッチリ。最高!

ラーメンとして作る場合は卵を加えることで全体の辛みのバランスがちょうどよくなるのですが、チャーハンは卵とご飯が加わる分、さらに辛みを抑えて食べやすくなる印象です。

「食事というより、小腹が空いた16時ぐらいに食べたくなる」「これはいいオヤツ」「チキンラーメンの美味しいそばめし」と、スタッフの評判も上々。チャーハンはオヤツだったのか……。

小腹が空いたときはもちろん、ビールのおつまみにもよさそうなアクマのキムラーチャーハン。ひと手間かけて、アクマ的うまさのチャーハンを楽しんでみては?

撮影&調理:オサダコウジ

「なんでもチャーハン」記事一覧

https://getnews.jp/tag/friedrice

―― 表現する人、つくる人応援メディア 『ガジェット通信(GetNews)』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング