乾電池不要! グリーンハウス、水と塩で発電するLEDランタンを発売

ガジェット通信 / 2012年9月10日 3時30分

乾電池不要! グリーンハウス、水と塩で発電するLEDランタンを発売

株式会社グリーンハウスは、水と塩で発電するLEDランタンを新発売する。

 「GH-LED10WBW」は、乾電池や充電をすることなく、本体に水と塩をいれるだけで発電するLEDランタン。

塩水を入れることでマグネシウムの金属棒からイオンが溶け出し移動することで電気が発生する。金属棒は1本(本体装着済み)で最長120時間の使用が可能、取替用の金属棒もある。また、発電した電気はLEDランタンを光らせるだけではなく、付属のUSBケーブルを使ってUSB機器への充電も可能だ。

本体には持ち運び用のハンドルや壁掛け穴を搭載、乾電池やバッテリと違い自然放電の心配がなく、海水でも発電できるので、非常時の備えやアウトドアにも最適だ。

(http://news.livedoor.com/article/detail/6934243/)

※表示 - 改変禁止 2.1 日本 (CC BY-ND 2.1)



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング