アップルが『iPhone5』を発表 噂通りか? CPUはA6で新コネクタの名称はライトニングさん

ガジェット通信 / 2012年9月13日 3時0分

iPhone5 アップルウェブサイト(日本)

アップルの新スマートフォン『iPhone5』が発表された。発表会開始まもなく新iPhoneにあたる『iPhone5』が発表され、正式名称も『iPhone5』となった。

名称や外観、解像度はほぼリーク通りで、1136x640の解像度、そしてアイコンも縦に5つ並べられることが可能となった。また従来のアプリ起動時の解像度調節には黒い帯(余白)を設けて調節することになる。

そのほか発表されたのがLTE対応である。世界中のキャリアが持つ高速回線に対応した『iPhone5』はもちろんソフトバンクやauにも対応していることを表明。

『iPhone5』のCPUはA6が搭載されており、A5の2倍の処理速度となっている。カメラは800万画素と変わらず。動画は1080pで撮影可能で、フロントカメラも720pでの撮影が可能となった。

マイクは3つ搭載され、下、手前、裏の3箇所となる。

また今回のiPhoneから新たなコネクタとなり、その名称が『Lightning(ライトニング)』と発表された。差し込みに表と裏がない8ピンコネクタである。しかし今までのコネクタとの接続を可能にするアクセサリを使うことにより過去のiPhoneアクセサリ資産を使うことが可能。

色はホワイト、ブラック&スレートの2種類となる。

値段は16GBが199ドル(1万6800円)、32GBが299ドル(2万4800円)、64GBが399ドル(3万3800円)となる。

予約開始は9月14日開始で、発売は21日からとなっており、日本は21日のファーストロンチに入っている。

引き続きiOS6の発表となった。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。



【関連ニュース】

ガジェット通信

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング