【閲覧注意】『バイオハザード6』 本気のゾンビが怖すぎてヤバイWEBサイト公開!

ガジェット通信 / 2012年10月5日 21時30分

【閲覧注意】『バイオハザード6』 本気のゾンビが怖すぎてヤバイWEBサイト公開!

10月4日、PlayStation3/Xbox 360用ソフト・『バイオハザード6』が遂に発売された! 何やらシリーズ最大の出荷数(450万本)ということで、これは気になる! 早速最新情報を得ようと「バイオハザード6 全ての闇」で検索してみると、何やら「Don't Search ! バイオハザード6について検索するな。」という表示が。

Yahoo!検索画面

え? するなといわれても、もう検索しちゃったし……。ダメなの? なんで? 何かヤバイの?

いぶかりつつも、するなと言われるとしたくなるのが人間の常。アクセスすると、いきなり「あなたは18歳以上で、暴力シーンやグロテスクな表現を含むコンテンツの視聴に同意しますか?」の選択画面が登場した。

年齢認証同意画面

ははは、また大げさな~。検索するなといい、今度は同意しますか? だって。まあ18禁ったって、コチラはもうすっかりいい大人ですから!

ハイハイ。と深く考えず「YES」をクリック。すると、今度は「DON'T SELECT」の文字が出現。

キャラクター選択画面

レオン・S・ケネディ、クリス・レッドフィールド、エイダ・ウォン、ジェイク・ミューラーの4人の中から戦うキャラクターを選べる画面のようだが、今度は「DON'T SELECT」。いやいやこんだけ登場しといて選ぶなと言われても……というか、ちょっと何回も確認しすぎじゃね? そんなにー?

軽く受け流しつつ、レオンを選ぶ。怪しく点滅する「血糊」の部分にカーソルを合わせると、またも「Don't」――今度は「Don't Click」だ。

キャラクター選択画面でクリック

……ヤバイ? もしかしてこれ、ヤバイ? そういえば、さっきから洞窟の中にでもいるような冷たいサウンドが響く。

恐る恐るクリック……。すると、カーン、とどこか絶望的な鐘の音が響く……。

しばらく黒い画面。心臓の鼓動が早くなる。

戦闘画面

っ! うわああああああああああああ!

ああああああああ

あああああああ

あああああああああああああああああ

「掲載を控えさせていただきます」

声にならない声をあげつつパソコンの前で固まっているうちに……

動画は終了。

これは……

これは、マジでヤバイ。本当にヤバイ。閲覧注意どころではない。18歳以上はもとより、「本当に先に進むのか?」と聞いてくるのも当然だ。

言うことを聞いておけば良かったと思うレベルだが、こんな本気のものを作った制作側は――。

カプコンのプロモーション担当者は「ダメと言われたらやりたくなる、怖いものを見たら人に伝えたくなる人間の心理をWEBの設計に取り入れました」と、こちらの心理はすっかりお見通し。

サバイバルホラーゲームとしての“原点”である「怖いもの見たさ」に立ち返ったとのことで、「その本質をもう一度昔ゲームを楽しんでいた方々に思い出して頂き、話題として頂けることを狙いとしています」。この「6」には、「あらためて怖さの本質とは何かを振り返って制作した」という並々ならぬ想いが込められているのだ。

そんな渾身の作、ポイントは、シリーズ初の7人の主人公、4つのストーリーで構成される過去最大級のボリュームに加え、2人もしくは多人数で協力プレイが楽しめるなど、ホラーゲームながらも今までにない楽しみ方を多く取り入れていること。16年も続く壮大なストーリーも魅力だが、「今回は新たな主人公が登場して活躍し、新しくバイオハザードを遊ぶ方でも自然にストーリーに入れて遊びやすくなっています」と自信をのぞかせる。

ビチャビチャと血が飛び散る音など、サウンドも鬼気迫る。見ているこちらが顔を背けたくなるが、やはり見てしまうのが人間の心理。

ところでゲームは、今度は「Don't Share」の文字と、明らかなシェアボタンが。ここはふつう「いいね!」なのだろうが、この恐怖体験は、シェアしないとおさまらない! 「シェア」ボタンを押 す と …… 、

偽シェア

うわあああああああああああああああああああああああ!!!!!!!!!!

クリーチャー出現

も、もういいのにと思いつつ、すでに半泣き状態の筆者。

こ、怖すぎ、まじで、もう、勘弁して(もはやボキャ貧)。

何が「シェア」だったんだ……としばし呆然としていると、再度「シェア」ボタンが表示される。

再度シェアボタン表示

放心状態だが、こんな恐怖体験、自分ひとりで味わうなんて、納得いかない……いや、もったいない。ここは友達を震え上がらせるためにも、シェアすべきだろう。

投稿に成功

クリックすると、今度は無事投稿された。これでもうヤツらは出てこない(と、勝手に思っている)。もう怖いのはしばらくイイと思いつつ、自分のアカウントを見てみると…

……ゾンビ化した自分の画像が投稿されていた。

さんざん怖がらせた上に、さらにその恐怖を友達に伝染させる……これはまさに『バイオハザード』劇中のウイルスそのもの。

シャレの分かる友達はともかく、ムービーを含め、かなりグロ表現が含まれているので、マジで取り扱いには注意が必要だ。何回も言う。マジでヤバイ。ちなみに、これでゾンビの友達だらけになり、リアル友達が減っても責任は持たないので、あしからず。

Facebookにゾンビ

【関連リンク】

バイオハザード6 全ての闇 プロモーションサイト

http://dont-click-bh6.com/



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング