『mixi』の巻き返しなるか!? 1年越しの『足あと機能』復活と『ユーザーファーストウィーク』開催に期待

ガジェット通信 / 2012年10月18日 8時15分

mixi4

2012年10月9日、“ユーザーファーストなmixiを目指して”と題し、ミクシィが今後の方針を発表した。発表によると今回行われる取り組みは以下の通りだ。

1.ユーザーファーストウィークの開催

ユーザーと運営スタッフとの交流会を実施。ユーザーとスタッフとの間で意見の交換や、質疑応答などが行われる。11月5日(月),11月7日(水),11月9日(金)19:00~21:30、ミクシィ本社内にて開催予定。

2.アンケートとインタビューの実施

Webでのアンケートや対面でのインタビューを定期的に行う。

3.機能要望の迅速な対応

『mixi』内に設置されている『機能要望』に寄せられたユーザーの声の中から、実装が必要だと判断されたものについて迅速に対応するための仕組みの整備。

具体的な施策:第一弾:訪問者(足あと)の改修

現在『機能要望』にて最も多く寄せられている『訪問者(足あと)』のリアルタイム表示機能を2013年1月より試験的にリリース。

目をひくのは、具体的な施策として挙げられている『訪問者(足あと)』の改修と、ミクシィ初となるユーザーとの交流イベント『ユーザーファーストウィーク』である。

現在、1日分の訪問者(一部を除く)をまとめて翌日に表示する仕様となっている『訪問者機能』は、2013年1月より試験的にリアルタイム表示となる。それ以上の詳細はまだ明らかにされていないが、これはかつて『mixi』の最大の特徴であった『足あと機能』の復活となりそうだ。

2011年6月、『訪問者機能』への改修により、すべての訪問者をリアルタイムに表示していた『足あと機能』が実質廃止されたことは、ユーザーの多くの反発を招いた。反対するコミュニティの参加人数は26万人を超え、同年8月には1万7千にも及ぶ『足あと』復活を願う実名の署名がミクシィに届けられている。

2011年9月、2012年2月には、ユーザーの働きかけによって、『足あと機能』を主とした『mixi』の様々な改修について、ユーザー代表4名と笠原社長の対談も行われた。今回の『ユーザーファーストウィーク』はその対談の場において交わされた、“ミクシィとユーザーとの意見交換会の実施”の約束が実現されたものであろう。

だが、ユーザーとの間に交わされた最初の約束では、この『ユーザーファーストウィーク』の実施は昨年末までにという話だったはずだ。それが1年以上、先延ばしになってしまったのはなぜだろう。告知時期が開催1ヶ月前と急である点と、イベント内容が漠然としている点も少々気になる。

『足あと機能』の廃止を初めとした様々な改修を経た『mixi』。勢いを増す『Facebook』に対し、『mixi』はアクティブユーザー数をだんだんと減らしていってしまっているのが現状だ。

日本の主要SNS訪問者数推移 家庭と職場のPCからのアクセス「ニールセン調べ」

日本の主要SNS訪問者数推移 家庭と職場のPCからのアクセス

http://getnews.jp/img/archives/e382a2e382afe382bbe382b9.jpg

果たして『足あと機能』の復活と『ユーザーファーストウィーク』の実施によって、『mixi』は巻き返すことができるのか。まずはきたる11月第2週の『ユーザーファーストウィーク』に注目していきたい。

「「ユーザーファーストなmixi」を目指して」2012年10月9日『mixi』

データ協力:ニールセン

『Nielsen NetView 』



【関連ニュース】

ガジェット通信

トピックスRSS

ランキング